「武力攻撃を受けたのと同様の被害とは国民の多くが餓死する状況」民主党枝野幸男の発言にネットから多数の疑問

LINEで送る
Pocket

 
民主党の枝野幸男幹事長が3月3日に衆院予算委員会で安倍首相と集団的自衛権について議論した際の発言がネットで波紋を呼んでいます。


民主党の枝野幹事長は集団的自衛権を行使する際の要件として閣議決定された「他国への武力攻撃で日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由、幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合」の「明白な危険がある場合」の解釈について、「国民の多くが餓死する状況」と捉えていることを明らかにしたもので、この解釈についてネットから多くの批判的な意見が出ています。

中東のホルムズ海峡で自衛隊が集団的自衛権の行使による機雷除去を行うケースについての議論で枝野幹事長はこの述べていたと報じられています。

「国民の多くが餓死する状況でなければ、武力攻撃を受けたのと同様の被害とはいえない。封鎖されても、餓死しない手段があれば当たらないのではないか」と追及した。

枝野幹事長は原油の輸入がストップすれば経済的、社会的に大きな影響があり今と同じような快適な生活は全くできなくなるとしながらも国民が命を失うという状況ではなく、一時的なパニックが起きても武力攻撃でたくさんの国民が命を落とすのとは根本的に違う、と主張。

枝野幹事長はホルムズ海峡が封鎖された場合でも備蓄の活用や国民が餓死しないほかの方法がある限り、とも語ってはいるものの共感は得られておらず日本において原油の輸入が停止すれば経済活動に深刻な影響が及ぶ危機に陥るだろうことを枝野幹事長が理解出来ていないのか、という観点と国民の多数が餓死するまで集団的自衛権を行使すべきではないとする考え方への疑問から、ネット民の多くは枝野幹事長の発言に批判的なスタンスで、民主党への不信感が更に高まっているようです。

枝野幹事長の発言時には民主党議員なのか多数の賛同の声が発言中に聞こえていたためか、民主党が政権を握ることへの懸念の声も聞かれています。


 

参考URL:http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20150303-00000112-mai-pol

 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党はどうすべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP