路上キスを報じられ何故かソー○通いやホステスへのセ○ハラまで告白した自民党の門博文がプロフィールを削除

LINEで送る
Pocket

 
「政界失楽園」として週刊新潮に中川郁子議員との不倫路上キスを報じられた自民党の門博文議員が公式サイトからプロフィールを削除しています。


週刊新潮に不倫路上キスを報じられた自民党の門博文議員が表舞台に出てきません。

お相手の中川郁子議員は謝罪した後入院してしまいましたが、門博文議員は過去のTwitterが話題になると鍵をかけた上に今度は公式サイトから一部プロフィールを削除したとして話題になっています。

門博文議員は週刊新潮の取材で路上キスについて問われると、初めのうち否定した上でソー○通いしていたことやクラブのホステスにセ○ハラしていたことを自分から告白しネットで失笑を買っていました。

※一部伏字にしています。

もっとも、今まで妻一筋かというと、そうとは言えんな。男やからな。風俗はソー***ドだけや。十数回行ったかな。

クラブのホステスにキスしたことはあるけど、”チュッ”って感じで、”ベロベロ”ってやったことはない。

既婚者でありながら風俗通いややクラブでのセクハラを武勇伝のように語ったこの議員は今後どのような社会的制裁を受けるのでしょうか。

門博文議員は公式サイトからプロフィールの一部を削除していたことが判明、話題になっています。既に魚拓が取られており、削除された部分に書かれていたこともわかっています。こちらが削除された部分です。

150309-014
 
門博文議員と中川郁子議員の不倫疑惑は日刊ゲンダイが単なる不倫ではないのではないかとする記事を連発しており、政治活動として公費を使っていた可能性や中川議員の政務官室で密会を繰り返した疑いがあるとしています。

不倫愛よりも注目すべきは、2人が互いの地元を行き来していたことだ。政治活動として公費を使って、逢瀬を重ねていたのだとすれば、見過ごせない。

「用もないのに門博文議員が政務官室を訪れ、中川郁子さんと2人きりで部屋に閉じこもり、1時間以上、出てこないことが頻繁にあった、という話が一斉に広がっているのです。

3人の娘がいながら路上でキスを撮られた上にソー○通いやホステスへのセ○ハラまで自分から暴露した門博文議員にネット民は呆れ果てています。
 

参考URL:https://archive.today/i2bbs http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/157789 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/157861/

 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

足立康史議員の一連の発言の中で、撤回すべきだと思うのはどれですか(複数回答)。

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP