舛添要一の中国での印鑑受領に竹田恒泰が動画で激怒「印鑑もらって何喜んでんだこのオヤジ」

LINEで送る
Pocket

 
舛添要一都知事が中国で印鑑をもらってきたことが明らかになった件で、竹田恒泰氏が動画で激怒しています。
 


 
この件は4月の訪中時、舛添要一氏が中国の要人から印鑑をもらっていたことが雑誌記事から判明したというもので8月21日にお伝えしたこちらでどうぞ。

舛添要一にまた問題発覚か「4月の中国訪問時に要人から『印鑑をもらっていた』」この意味は?

 
雑誌によると舛添要一氏は

唐先生はわざわざ私の印鑑を作ってくださっていました。

と喜んでいたようですが、雑誌記事を読んだという竹田恒泰氏は「朝貢だ」と舛添都知事を強く非難しており、動画で解説しています。
 

 

舛添さんは中国で余計なものもらってきたらしいじゃないですか。

これ、「人民中国」っていう雑誌なんですけれど、ここにねえ、なんか変な記事が載ってるんですよね。

(中略)

どうやら中国側から印鑑をもらったらしいんですよ。

印鑑をもらう?「ハァー?」って感じです私に言わせたら。

あんた卑弥呼かよって感じですよ。

要は朝貢してんのかって話です。

何をもらってもいいけど印鑑だけはもらうな!

何印鑑もらって喜んでんだこのオヤジふざけんなよ!

叩き返して来い!

その場で割れっていうんだそんなもの。

(中略)

名前でもつけてもらえばよかったのにねえ。

(中国は)罵倒する言葉ばっかりつけるわけです。卑弥呼って「卑しい」っていう字でしょう。邪馬台国の邪は「よこしま」じゃないですか。

(だから)名前つけてもらえばよかったんですよ。それを名乗ればいいじゃないですか。中国に行くと汚い名前つけてくれるから。印鑑になんて書いてあるんですかねえ。

(中略)

だから何をもらってもいいけど印鑑だけはもらっちゃいけないですよ。上下関係になるから。印鑑を与える者と印鑑を貰う者というのは主従関係になるわけです。

「ボクこの印鑑もらっちゃったんだけど」って、馬鹿じゃねーのって話ですよ。

朝貢です。これが冊封体制っていうんです。

 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

北朝鮮の漂着船乗組員への対応は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP