3月27日報ステ古舘伊知郎vs古賀茂明バトルにネット騒然、口論の書き起こしと動画、放送後の発言など

LINEで送る
Pocket

 
3月27日の報道ステーションで元経産省官僚の古賀茂明氏と古舘伊知郎キャスターが口論となったシーンが大きな話題になっています。

古舘伊知郎と古賀茂明がバトル

古賀氏は古舘氏から話を振られると「ちょっとそのお話をする前に」と切り出して自身の降板がテレビ朝日の会長や古舘プロダクションの意向によって決まったものだと内情を暴露。また菅官房長官や官邸からもバッシングという表現で圧力を受けてきたと語ります。

これに慌てた古舘氏が話を遮り「承服できない」と生放送で口論に。古賀氏は楽屋で古舘氏が各種の圧力に対し何もできなかったことを古賀氏に謝罪したと裏事情に触れると古舘氏は否定。互いに「録音を出そうか?」と緊迫した場面も見られていました。やりとりの書き起こしがこちらです。

古賀:ちょっとそのお話する前にあのー、私今日が最後ということでですね、テレビ朝日の早河会長とか或いは古舘プロダクションの佐藤会長の意向でですね、私はまぁこれが最後ということなんですが、これまで非常に多くの方から激励を受けまして、一方で菅官房長官はじめですね官邸の皆さんにはものすごいバッシングを受けてきましたけれども、まぁそれを上回る皆さんの応援のおかげでですね、非常に楽しくやらせて頂いたということで心からお礼を申し上げたいというふうに思います。本当にありがとうございました。

古舘:(古賀の話を遮るように)古賀さん、ちょっと待ってください。(古賀話し続けようとする。古舘再び遮り)ちょっと待ってください古賀さん。今のお話は私としては承服出来ません。

古賀:はい。

古舘:あのー、古賀さんは金曜日に(古賀:はい)時折出て下さって(古賀:はい)まぁ大変私も勉強させて頂いてる流れの中で(古賀:はい、はい)番組が4月から様相が変わっていく中でも(古賀:はい)古賀さんに機会があれば、企画が合うなら出て頂きたいと相変わらず思ってますし・・・

古賀:それは本当に有難いことです。もし本当であれば本当に有難いことだと思います

古舘:えー・・・・(古賀の発言にかぶせて)古賀さんがこれで全て、何かテレビ側から降ろされるってことは(古賀:うん)ちょっと古賀さん、それは違うと思いますよ。

古賀:いや、でも、私、古舘さん言われましたよね。あの、私がこういうふうになるってことについて自分は何も自分は何も出来なかった(頭を深く下げる真似をしながら)本当に申し訳ないと。

古舘:はい、もちろんそれはこの前お話したのは楽屋で、古賀さんに色々教えて頂いている中で、古賀さんの思うような意向に沿って流れが出来てないんであるとしたら(古賀話そうとするが古舘続ける)大変申し訳ない、って私は思ってる今でも。しかしさっきのはちょっと極端すぎる。

古賀:(古舘を遮りながら)いや私は全部録音させて頂きましたので、もしそういう風に言われるんだったら全部出させて頂きますけれども。

古舘:いやこちらもそれは出させて頂くってことになっちゃいます古賀さん。

古賀:いいですよ。

古舘:だから、ちょっとそれは置いて。これは私は違うと思ってますが、じゃあイエメンのお話やアメリカのこと聞かせて頂けますか。

 
バトルは一度打ち切られますがその後番組内で再度古賀氏が「I am not ABE」と書かれた紙を広げたり、こんな主張をしていました。

150328-003

古賀氏の主張について古舘氏は「古賀さんのお考えには共鳴する部分も多々ある」としながらも「一方ではっきり申し上げておきたいなという一点はですね」として川内原発や311、辺野古の問題を取り上げたりしていると反発。すると古賀氏はここで再び圧力についてこのように発言。

古賀:あれを作ってたプロデューサーが今度更迭されると言うのも事実です。

古舘:更迭ではないと思いますよ。(古賀:いやいや)私は人事のことはわかりませんが、あの、人事異動と更迭・・・・

これやめましょう、古賀さん。

古賀:やめましょう。

古舘:これ見てる方よくわからなくなってくる。

古賀:だから僕はそんなこと言いたくないので。

 
古賀氏はその後この紙を広げます。するとここでも。「今安倍政権の中でどんな動きが進んでいるのかな」というもの。これに反応する古舘氏。

150328-002

古舘:ちょっとごめんなさい時間が。ちょっ・・・

古賀:だからそういうこと言わないで欲しかったんですよねぇ(紙を片付けながら)

古舘:いやだから、ちょっと

古賀:ただ言わせて頂ければ最後にこれを是非古舘さんにお送りしたいんですけど(といって別の紙を見せる)

150328-004

この紙について古賀氏はこう解説して「皆に考えて欲しい」とメッセージを残していました。

つまり圧力とか自粛に慣れていってですね、まぁ何もしない、ひとりでやったってしょうがない、ただ叩かれるだけだ、ということでやっていないと知らないうちに自分が変わってしまって、本当に大きな問題が起きているのに気がつかないってことがあるんですよと。

 
3月27日の報道ステーション動画は複数がネットにアップされていますが、いくつかを合計すると一晩で40万回以上再生されており強い関心を持って受け止められていることがわかります。これはそのうちのひとつ。冒頭からバトルが始まります。

 

報ステ前後の古賀茂明氏

古賀氏は報道ステーション放送前にこんなツイートを流しており、多数のリツイートから注目を集めていたことがわかります。


 
また報ステ終了直後に岩上安身氏が古賀氏に直撃インタビューした記事が公開されています。

【IWJ Independent Web Journal】【速報】「報道ステーション」終了直後の古賀茂明氏に岩上安身が緊急直撃インタビュー!降板の内幕を衝撃暴露

古賀氏は報ステでの発言について「官邸に抗議することが目的だった」として、その中でも特に菅官房長官が古賀氏を激しく批判していると語っています。菅官房長官は「とんでもない放送法違反だ」と言っているといい、「免許取り消しもあるという脅しだ」と反発。 また古賀氏は報ステ終了後に報道局長らから強く文句を言われたことも明らかにしています。 


 

古賀氏への反応

池田信夫氏は早速ブログでこう述べています。

【池田信夫blog】古賀茂明氏の被害妄想ワールド

前後15分近く、出演者が私怨をぶちまけたのは放送事故に近い。

(中略)

彼は政治とメディアの関係を誤解しているようだが、報ステのような番組に政治家から圧力がかかることはありえない。

(中略)

気の毒だが、これで彼のテレビタレントとしての生命は終わったと思う。

 
著名人の反応。


 
ネットでの様々な声はTogetterでどうぞ。

【Togetter】古賀茂明氏、最後の報道ステーションで暴発
【Togetter】【報道ステーション】番組中に古賀茂明氏が「官邸意向で番組を降ろされる」と個人的発言

 

国家の暴走 安倍政権の世論操作術 (角川oneテーマ21)

新品価格
¥864から
(2015/3/28 09:23時点)


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党はどうすべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP