2015年12月5日地震関連情報 - 日本海側で動物プランクトン「サルパ」が大量発生

LINEで送る
Pocket

 
日本海側で動物プランクトンの一種「サルパ」が大量発生していると12月4日に福井放送が伝えています。(画像はニュース映像より)


現地では越前がに漁がピークでありサルパの発生が影響を与えているとされていますが、漁師は「今まで見たことがない」と語り海の異変を告げています。

サルパは動物プランクトンの一種で急速に増殖するために漁への影響が大きいようですが、植物プランクトンが多いほど増えやすいということから、現地の海では植物プランクトンが増加している可能性もありそうです。

サルパの出現は過去に何度か報じられたことがあり、2014年1月にはニュージーランドの海上で見つかったサルパが海外メディアに取り上げられたのが記事になっています。この付近で近い時期に大きな地震が起きていたかどうかを調べてみると、1月20日にM6.1、そして2月2日にM6.5の地震が発生していました。

また2014年の時期は不明ですが大西洋の北西沖でもサルパが大量に発見されましたが、大きな地震があまり起きない大西洋で2014年7月27日にM6.0、そして2015年2月13日にM7.1の地震が起きています。

他にも2015年7月11日と12日に米国東部海岸で大量に漂着したという記録が残っていますが、その5日後にバルバドスでM6.5の地震がありました。

大西洋における例はサルパ発生箇所と震源がそれほど近いわけではありませんが、海水温度の変化から地震発生を予測する研究もあることを考えればプランクトンの増加が大量発生に影響するというサルパと発震の関係を無視すべきではなく、ニュージーランドの例のようにサルパ発生直後のタイミングで地震が発生している例が他にも見つかれば注目を集めそうです。

気になるのは今回、日本海側で発生しているという珍しいサルパのニュースが報じられた前日の12月3日に日本海中部を震源とする有感地震が起きていたという点です。有感地震としては約2年ぶり、過去10年でもわずか6回しか揺れていない日本海中部での地震はサルパと何か関係があるのでしょうか。

前兆現象の記録が詳細に残っている関東大震災の際にも、海の生物の異常がいくつもあったことがわかっています。「ハゼの異常発生」「カニの大量出現」「深海魚の大量死」「イワシの大群出現」など。こうした点からはサルパについても一応、知っておいたほうがよいと言えるでしょう。
 

関連URL:【FBC】越前がに漁の底引き網に大量のサルパ~動物プランクトンの一種に漁師困惑

記事が面白かったら「いいね!」 



BuzzNews.JPは新着記事配信にご登録の上、当サイトにてお楽しみ下さい。


follow us in feedly


当サイトではコンテンツの無断転載・無断使用を固く禁じています。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

蓮舫代表が辞任した政局睨んで安倍首相はいつ解散すべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP