「ダーリンは70歳」スピンオフ本が発売5日で「回収」書き直し要請し拒否された小学館に批判

LINEで送る
Pocket

 
5月25日に発売されたばかりの高須クリニック院長・高須克弥氏と漫画家の西原理恵子さんの共著が、出版元の小学館によって絶版を要請された件でその理由が話題になっています。(画像はAmazonより)


絶版となったのは「ダーリンは70歳・高須帝国の逆襲」で内容はこのように紹介されていました。

「熟年恋愛を赤裸々に描いた大人気作品『ダーリンは70歳』のスピンオフ本です!破天荒なマンガの内容は事実なのか?西原さんの脚色ではないのか?高須克弥院長のロングインタビュー本が、巨大な資金をバックに襲来します!なんと西原さんの描き下ろしマンガ『りえちゃんとぼく』も収録!!これも名作『いけちゃんとぼく』のスピンオフ作品です。 」

ところが、5月30日の夜、小学館の幹部がやってきて回収を宣言すると同時に書き直しを要請してきたと高須克弥氏がTwitterで発言、怒りを露わにして書き直さず絶版を決めています。

「小学館の偉い人が名古屋の高須グループ本部においでになった。『高須帝国の逆襲に不適切な表現があるので回収します』『書き直しお願いします』僕は吐いた唾は飲まない!。断固拒否。絶版にする!儲けそこねた西原理恵子の怒り顔が目に浮かぶ。」

高須氏はその後ブログを更新し、小学館の幹部が名古屋の高須グループ本部で回収と書き直し要請を告げた際の発言を紹介。

「小学館の偉い人「『高須帝国の逆襲』に記載された表現に不適切な部分があり、回収することに決定しました。書き直しをお願いいたします」」

同書を既に読んだという人々が次々と「何も問題なかったのに」と異を唱える中、数人は「不適切な部分」にピンと来たようで、問題とされた箇所の記述が話題になっています。

高須氏は5月31日の朝「昔の身分制度についての部分が問題になっているそうだけれど」と言及した別の人物の発言をリツイート、また共著者の西原理恵子さんも同様の内容をリツイートしていることからこうした表現が問題視されたものとみられています。該当する箇所のひとつとして挙げられている部分。(カッコ内はふりがな)

「昔は「士・農・工・商・**(**):**(***)」という身分制度があって『お前のひいおじいさんは、とても情け深い人で”**も同じ人間じゃ。差別してはいかん”と言うて、**の子どもたちに餅を投げてやった。子どもたちがそれを拾って食べると”**の子は可愛いのう”と目を細めていた』と、ばあちゃんは言う。」

小学館側の対応を支持する声はなく、「過剰反応だ」「ひとつの表現だけを取り出して本質を見ていない」といった意見の他、「マンガの原発鼻血表現のほうが問題では無いのか」といった批判も聞かれていますが、編集・校正段階における書き直し要請ではないことに同社の管理体制についての問題を指摘する声も多いようです。
 


 

関連URL:【高須院長ブログ】「高須帝国の逆襲」をいま絶版にした

記事が面白かったら「いいね!」 



BuzzNews.JPは新着記事配信にご登録の上、当サイトにてお楽しみ下さい。


follow us in feedly


当サイトではコンテンツの無断転載・無断使用を固く禁じています。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

和田政宗議員と米山隆一新潟県知事が論戦したらどちらを応援する?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP