sijozushi kankoku

わさび問題の「市場ずし」を韓国のネットTVが突撃取材、謝罪を要求し頭を下げさせる動画

LINEで送る
Pocket

 
外国人へのわさびが問題になっていた大阪の「市場ずし」で10月12日、韓国人のネット放送が店を訪れ謝罪を要求する様子を中継するという一幕がありました。(画像は動画より)


韓国人グループは4人で「市場ずし」を訪れ、店員の制止も聞かず撮影を続けた上、寿司ネタにわさびが乗っていないことを確認すると釈然としなかったのか別の「市場ずし」店舗を訪れ最終的に板前に深々と頭を下げさせていました。

この様子はネットで中継されていましたが、日本でも話題になり始めているようです。

撮影に懸念示す板前への配慮なし

(2分50秒~)店舗に近づいていく記者。店の戸を開け中へ入りますが既に撮影を開始しています。「何名?」店員の問いに対し「4名」と答え着席。他の客も映り込んでおり4人のうち2名が撮影している様子です。

店側は「お客さん映さないで」と言いますが撮影を止める様子はありません。

「他のお客さん映るから」板前は撮影を懸念しますが手でバツの仕草をして「オッケーオッケー」と記者。「ノープロブレム」と何故か決めつけています。

板前は再び「他のお客さん映るから」を撮影を止めるよう求めますが「オーケーオーケー」とこれを聞かない上に板前が「嫌がる人おるからね」と諭してもうなずくだけで撮影が中断することはありませんでした。

「わさび」の扱いに納得しない取材陣

14分30秒頃、寿司が提供されるとひとつずつネタをめくり上げわさびを確認する記者。寿司を口にしてから16分40秒「すみません、わさびが入ってないんですけど」と板前に声をかけます。理由を尋ねる記者に板前「うちの方針。うちの会社の方針」と答えます。

すると板前に対し「韓国で有名なグルメプロデューサーの(名前)と申します。わさびの件に関して・・・」と自己紹介を始め何やら質問がある様子ですが板前は別の客対応もあるためかかりきりになるわけにはいきません。

その間取材陣は隣りに座っていた他の客にも声をかけネタをめくらせてわさびを確認したりしていたようです。

板前に質問する取材陣。「謝るつもりもないですか?」と謝罪の言葉を求めているようです。

記者「なんで韓国人に対してわさび抜きで提供するんですか?」
板前「会社の方針だから」
記者「元々山ほど入れて提供したのもおかしいんですけど今回どうして」
記者「生放送中ですけどこれを見てる人達が差別だと言ってます。これに対してどう思いますか?」
記者「韓国人たちに謝ることはありますか?」
板前「僕らわかりません」
記者「わさびの件をわからないってことですか?」
板前「はい」
記者「謝るつもりもないですか?」
板前「僕らちょっとわかりませんわ」

その後25分30秒くらいでレポーターは席を立ちお会計へ。取材陣は寿司に殆ど手を付けていません。

会計係に対しても「わさびの件知っていますか?」と問い質そうとし、会計中、カメラは店内の様子を撮影しています。

店外へ出ると韓国語を話しながら歩き30分45秒に別の市場ずしの店舗へ入っていきます。

別の店舗で謝罪を要求

事情を知らずに取材陣を出迎える板前「いらっしゃいませー」。カウンターに座る取材陣。

オーダーを取ろうとする板前に対し韓国のテレビだと説明、わさびの件で取材していると伝えます。別の店でわさび抜きで提供されたされたことをどう思うか質問。板前は困惑しているようです。

板前「勝手に取材されても、うちの事務所に了解を取ってもらわないと」
記者「これに関してちょっとだけコメントお願いしてもいいですか?」

勝手に答えられないと言っても「個人的な考えは」と引き下がらない取材陣。

板前「上の人と連絡取らないと」
記者「上の方の連絡先もらってもいいですか」
記者「(わさびを)山盛りで入れたのも会社の方針でしたか」
板前「それは会社の方針じゃない。それは個人」

板前は(わさびが多いと)意見をもらってから抜くようにしていると説明します。その様子を見かねて別の板前が取材陣の方へ来て

板前「すいません。他のお客さんがいてるので、やめてほしいっておっしゃってるんですよ。ごめんなさい。そういうつもりでやったんじゃなくて韓国の方はわさびが好きなんで殆どの方がわさびを下さいとおっしゃるんで」
記者「ある程度入れるのは当然ですけど山盛りで入れるのは・・・」
板前「それは当然気をつけまして・・・」

板前は新たに来店した客対応に移ります。

39分30秒、板前が戻ってきて「僕らは悪気があってやってるわけじゃないんで」と説明。現在は別皿で提供していることに理解を求めます。

40分40秒、取材陣が板前に対して謝罪を要求。

記者「韓国ではこれ(市場ずし)を買わないようにっていう運動が起きているんで、謝ってくれたらこれである程度解決できると思うんですけど」
板前「本当にもう申し訳なかったと」
記者「謝りの一言お願いしてもいいですか」
板前「今回の件に関しましては本当に至らなくて申し訳なかったと思っています。私共もこれからは気をつけまして、僕のところにも韓国の方いらっしゃいますし、そういう差別的な意味でやったのでは全然ございませんし、わかって頂きたいとおもます」
記者「最後の謝りもう一回お願いしてもいいですか?」

板前は握手を求められ深々と頭を下げ「本当に、申し訳ございませんでした」(上記画像)。

店を後にするレポーター。動画は約45分に及んでおり1日で13万回以上再生されています。強引に撮影を続け他の客が映ってしまっている上、店内での振る舞いや謝罪している板前に再度謝罪を求めるなど日本ではこの取材陣に対し批判の声も出ているようです。
 

 

「市場ずし」に謝罪させた韓国ネットによる突撃取材は問題?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

国内でフェイクニュース大賞を選ぶならどのメディア?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP