「中央大学には内紛」張本勲氏の発言をサンデーモーニングがWebサイトで謝罪、高まる批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
10月16日のTBS系「サンデーモーニング」で張本勲氏が駅伝の話題から「中央大学に内紛があるようだ」などと発言していた件について、10月20日番組側が謝罪しています。(画像は番組Webサイトより)

サンデーモーニングが謝罪

サンデーモーニングでは「10月16日放送スポーツコーナーについて」というタイトルでWebサイト上に告知文を掲載。

「当番組の10月16日放送のスポーツコーナーで、中央大学が来年の箱根駅伝の出場を逃した結果を放送した際、スタジオトークの中で「内紛があるそうだから」との発言があり、中央大学から事実と異なるという指摘を受けました。この表現により誤解を招きましたことを、視聴者および選手をはじめとする関係者の方々にお詫び申し上げます。」

張本勲氏は中央大学が88年ぶりに箱根駅伝への出場を絶たれたことについて「歴史ある中央大どうしました?」などと現状に疑問を呈した上、こう発言していました(関連記事参照)。

張本「情報によるとちょっと内紛もあるようだからねぇ。次の選手はね、やっぱり中央大行きたいじゃないですか。強かったから。よく考えてね、もう一回立て直したほうがいいと思いますよ。」

野村教授「番組の対応に感謝」

張本氏の発言に対しては中央大学陸上競技部の部会長・野村修也法科大学院教授・弁護士がTwitterで「全くの事実無根」「選手と大学の名誉を著しく傷つけるもので到底看過出来ない」と強く抗議するとともに訂正と謝罪を求めており、今回の告知文は野村教授の要求に答えたものと受け止められています。

サンデーモーニング側からの謝罪を受けて10月20日、野村教授は再びTwitterでこのように述べています。

「① 本日、#TBS #サンデーモーニング のHPにお詫びの文章が掲載されました。内容は次のツイート②の通りです。匿名掲示板やゴシップ掲載紙などを通じて、事実に反する噂話が巷に流れる中、きっかけとなった発言につきコメントを発表して下さった番組の誠実なご対応に感謝申し上げます。」

強まる「張本批判」

サンデーモーニング側からの謝罪が公開されたことを受けて、人々の間では張本氏批判が高まっているようです。何故本人からの謝罪ではないのか、番組が告知するにせよ本人がどのような見解でいるのかがわからない、「誤解を招いた」では漠然としすぎているといった声が増えており、張本氏からの対応を求める声が強いようです。

「なんで本人からじゃないの??」
「間違っているのは表現ではなく内容」
「本人が自分の言葉で謝罪しないと」
「発言が無責任なら後始末も無責任」
「本人が謝罪したかどうかがわからない」
「張本はもう代えて欲しい」
「晩節をこれ以上汚さないためにも引退したら?」
「使うテレビ局が問題だよ」
「お高くとまって何様のつもりなんだ」
「出演を取りやめるとか休むとかはないの?」
 

張本勲氏は「内紛」発言についてサンデーモーニング内で自ら釈明すべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

関連URL:【サンデーモーニング】サンデーモーニング10月16日放送スポーツコーナーについて Twitter

新着情報はFacebook、Twitter、Feedlyまたはブラウザへのプッシュ配信で。


follow us in feedly

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP