サンデーモーニングが番組中での謝罪をテロップ含め拒否と中央大学教授がTwitterで明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
サンデーモーニングが張本勲氏の問題発言について番組中の謝罪を拒否していたことが明らかになりました。


中央大学陸上競技部の部会長・野村修也法科大学院教授・弁護士が10月22日にTwitterで明かしています。

「#サンデーモーニング から、明日の放送中に番組として謝罪するのは難しいとの連絡がありました。テロップ対応もお願いしましたが無理でした。後は、張本さん個人のスポーツマン精神に期待するだけです。選手の名誉回復のため、コーナー冒頭に「自分に喝!」と言ってくださるものと信じています。 」

張本勲氏は10月16日の放送において88年ぶりに箱根駅伝への出場を絶たれた中央大学について「情報によるとちょっと内紛もあるようだからねぇ」などと語り、野村教授から「全くの事実無根」として訂正と謝罪を求められていました。

これを受けて10月20日に番組はWebサイト上で「誤解を招きましたことを、視聴者および選手をはじめとする関係者の方々にお詫び申し上げます」と謝罪していましたが、これにも関わらず10月23日の放送での謝罪を「難しい」としてテロップ対応すら拒否したという番組と張本勲氏への批判が強まりそうです。

張本勲氏は日本プロ野球史上初めて3,000本安打を達成した選手として知られる在日韓国人二世で、歯に衣着せぬ発言で人気のサンデーモーニングの「喝!」が話題になることでも知られています。

張本氏は番組中で自らに「喝!」することはあるのでしょうか。ない場合にはサンデーモーニングの姿勢が議論になりそうです。
 

張本勲氏は「内紛」発言についてサンデーモーニング内で自ら釈明すべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

関連URL:Twitter

新着情報はFacebook、Twitter、Feedlyまたはブラウザへのプッシュ配信で。


follow us in feedly

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP