息をするように嘘をついていたのは蓮舫代表の方だった?党首討論の「ファクトチェック」が話題に

161209renho
Pocket

 
12月7日に行われた安倍首相と民進党・蓮舫代表の党首討論について、12月9日に朝日新聞がそれぞれの発言を「ファクトチェック」という形で採点した記事を掲載。その中身が話題になっています。


朝日新聞は12月9日の朝刊で「党首討論 発言は正確?」「『ファクトチェック』してみました」と題した記事を掲載。双方の主張が事実に基づいていたかどうかを、朝日新聞の省庁担当記者らが調べた結果を公開しています。

調査対象となったのは安倍首相と蓮舫代表それぞれ2つずつ計4つでした。採点の結果は安倍首相が「正しいです」「もっと説明が必要です」でしたが、朝日新聞のファクトチェック記事が関心を集めているのは蓮舫代表の発言をピックアップした2つに、共に「間違いです」と記されているためです。

ひとつは蓮舫代表が公明党の山口代表がカジノ施設を視察した後に否定的な見解を示したのがキューバだったと発言したことに対し朝日新聞は「キューバではなくパナマの感想」と訂正しています。またもうひとつが有効求人倍率の改善について蓮舫代表が「東京一極集中」と語っていたのに対し「全ての都道府県で増えており」と説明し「間違いです」と断じています。

党首討論において蓮舫代表が安倍首相を「答えない力、逃げる力、ごまかす力、まさに神っています」「息をするように嘘をつく」などと厳しく非難していただけに、朝日新聞の結果には「息をするように嘘をついていたのは蓮舫だったか」と呆れの声が数多く聞かれているようです。

二重国籍問題で戸籍謄本を公開していないことや十分な説明を行ってこなかった蓮舫代表は口をつぐんでは批判され、口を開いたら嘘だった、という情けない結果となっており、今回のファクトチェックが朝日新聞によるものだったことを挙げて「朝日にすら見放されたか」と感じる人も少なくありません。

息をするように嘘をついていたのが安倍首相ではなく自分だったと朝日新聞に証明された形の蓮舫代表がこの件についてどのような釈明をするのか、メディアの取材に期待する声も聞かれています。

「蓮舫は朝日にもかばえないほど酷いということか」
「蓮舫の姿や発言が痛々しくて見ていられない」
「朝日にすらこう言われてしまう蓮舫のどうしようもなさ」
「蓮舫が嘘ばかりのとんでもない人間だというのがよくわかるね」
「蓮舫代表ってあんまり頭良くないのかね?」
「朝日新聞にもファクトチェックは必要なわけだが」
「朝日新聞のジャッジでさえ完敗してしまう蓮舫って」
「息をするように嘘をついていたのは蓮舫でした」
「マスコミの蓮舫降ろしがはじまるかな?楽しみ」
 


 

関連URL:【朝日新聞】党首討論、発言は正確? 安倍首相VS.蓮舫代表を検証

新着情報はFacebook、Twitter、またはFeedlyでどうぞ。

 
follow us in feedly

新着記事情報の端末プッシュ通知を試験導入中。


読者アンケートへのご協力をお願いしています。
お知らせはトップページにて告知します。
Pocket

コメントは利用できません。

Twitterで新着記事配信中

Facebookで新着記事配信中

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アンケート

蓮舫新代表のもとで次回衆院選民進党は勝てる?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

注目の記事

  1. 160105-001

    予言者ジョセフ・ティテル氏による2016年の予言、日本における大地震発生にも言及

  2. 160625-005

    【お知らせ】新サイト「地震ニュース by BuzzNews.JP」を開設しました。

  3. 160625-005

    【お知らせ】CuratedNews リアルタイムTwitter版開設しました。

  4. 160430-004

    イルカ漁に抗議するため和歌山県太地町に居座るシー・シェパードの行動を記録した写真

アーカイブ

ページ上部へ戻る