170102hasegawayutaka

長谷川豊氏が元日に2ヶ月ぶりとなるブログ更新で再始動を宣言「Twitterも始めてみようかな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 
大炎上で仕事を失っていた長谷川豊氏が1月1日に2ヶ月ぶりにブログを更新し再始動を宣言しています(画像は長谷川氏のブログより)。


長谷川氏はアメーバとライブドアの2つでブログを展開していますが、前者では自身のプライベートについての話を中心にこれまでも更新を続けていたものの、大炎上した後者のブログは2016年11月2日を最後に更新していませんでした。

今回は大炎上したライブドアブログ「本気論本音論」で久しぶりに記事を公開、「さぁ!再始動!」というタイトルで活動再開を宣言しています。

長谷川氏は炎上について「本ブログの行き過ぎた表現でお恥ずかしい事態をお見せしてしまい、申し訳ありませんでした」と冒頭で謝罪。しかし騒動になった際の感想として「『あ~そらそうなるよなぁ…』というかなり客観的なものでした」と語ると共に「私の『本音』とはかなりかけ離れたものになりつつあった」と釈明。その原因について多忙なスケジュールであったことを挙げています。

そして今回、長期の休養で「英気は十分に養えました」として2017年を「新しい挑戦の年」と位置付け、このように考えていると言います。

「改めてTwitterも始めてみようかと思っているところです。まだよく分からないですけれど、色々と挑戦してみないとね。」

長谷川氏に関連した話題としては、騒動によって人工透析を中止していた母親が亡くなったとする人物のツイートが12月下旬に話題になったばかりですが(関連記事参照)、告白した人物は大晦日にこのように語っていました。

「長谷川豊さんに責任取ってほしくてつぶやいた訳では無い。誰かに見て欲しかったわけでも無い。このつぶやきを見つけ、まとめ転載してくれた方には感謝しています。経緯・過程・真偽多数の御意見あるみたいですが、反論も有りません。私は私の心の中の気持ちを書いて整理したかっただけです。」

元日に更新された長谷川氏のブログではこの件への言及はありませんが、記事の最後で長谷川氏はこう述べています。

「もし今、ご自身の周囲が自身の望むものと違っている方も、なんだか上手くいかないな~と感じていらっしゃる方も!僕よりはきっとマシです(笑)!一緒に頑張りましょうね。」

長谷川氏の再始動が人々からどのように受け止められるのか、注目されます。
 

2017年元日に再始動を宣言した長谷川豊氏を

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

関連URL:【長谷川豊公式ブログ】さぁ!再始動! Twitter

BuzzNews.JPは新着記事配信にご登録の上、当サイトにてお楽しみ下さい。


follow us in feedly


当サイトではコンテンツの無断転載・無断使用を固く禁じています。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

加計学園問題で集中審議や証人喚問から与党は逃げていると思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP