「冷静さ欠いている」「政府はもっと熟考すべき」韓国への措置に朝日新聞社説の異質ぶり鮮明

170107-004asahi
Pocket

 
慰安婦問題についての日本政府による韓国への対抗措置を論考した朝日新聞の1月7日付社説に批判が殺到しています。


「韓国との外交 性急な対抗より熟考を」と題されたこの社説では、韓国に対し合意の文言を尊重するよう求めながらも業を煮やした形で今回の措置に至った日本政府を批判、「もっと適切な外交措置を熟考すべきである」と主張しているためです。

「しかし、ここまで性急で広範な対抗措置に走るのは冷静さを欠いている。過剰な反発はむしろ関係悪化の悪循環を招くだろう。日本政府はもっと適切な外交措置を熟考すべきである。」

朝日新聞は日本側の強硬な姿勢が次期大統領選候補予定者の対日強硬姿勢を招きかねないとして「日韓関係が再び、暗いトンネルに入りかねない局面」と警鐘を鳴らしていますが、事実上日本に更なる忍耐を迫っていると解釈され同意の声は聞かれません。

社説は「まるで韓国の代弁者のようだ」と不快感を買っているのみならず、慰安婦問題がこじれた原因のひとつに朝日新聞の記事も挙げられるとして「元はと言えばお前らのせいだろう」といった指摘も数多く見られています。

「偉そうに言える立場なのか」と厳しい意見が続出していますが、今回の措置に触れた他紙の社説と比較しても日本政府が譲歩すべきとする朝日新聞の社説は特徴的と言えそうです。

「堪忍袋の緒が切れた」と産経抄で表現した産経新聞や「韓国の独善的な体質」「日本国民の嫌韓感情が再び高まるのは避けられまい」と1月6日の社説で記述していた読売新聞だけでなく、毎日新聞でさえ1月7日の社説で「日本としては強い不快感を示す外交的措置を取ることは必要だろう」と日本政府の決定に一定の理解を示し、更に「合意への韓国社会の理解が深まっていないように見受けられる」と韓国側に厳しい見方をしているからです。

この期に及んでも日本政府に「熟考」という言葉を用いて自重を促し、「過剰な反発はむしろ関係悪化の悪循環を招く」と批判的な立場を貫こうとする朝日新聞の姿勢の異質ぶりが際立ったと言えそうです。
 


 

関連URL:【魚拓】【朝日新聞】韓国との外交 性急な対抗より熟考を 【産経ニュース】韓非子のいう国が滅ぶ兆候…韓国は大丈夫か 1月7日 【読売新聞】少女像釜山設置 日韓合意を損なう不法行為だ 【毎日新聞】社説 釜山の少女像 合意の崩壊を危惧する

新着情報はFacebook、Twitter、またはFeedlyでどうぞ。

 
follow us in feedly

新着記事情報の端末プッシュ通知を試験導入中。


読者アンケートへのご協力をお願いしています。
お知らせはトップページにて告知します。
Pocket

コメントは利用できません。

Twitterで新着記事配信中

Facebookで新着記事配信中

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アンケート

わいせつ事件の東大生が希望する卒業は叶えられるべき?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

注目の記事

  1. 160625-005

    【お知らせ】CuratedNews リアルタイムTwitter版開設しました。

  2. 160625-005

    【お知らせ】新サイト「地震ニュース by BuzzNews.JP」を開設しました。

  3. 160430-004

    イルカ漁に抗議するため和歌山県太地町に居座るシー・シェパードの行動を記録した写真

  4. 160105-001

    予言者ジョセフ・ティテル氏による2016年の予言、日本における大地震発生にも言及

アーカイブ

ページ上部へ戻る