170109-001dena

DeNAの「卒業生」らが「しっかりせい」Webサイト立ち上げて苦言呈すも冷ややかな反応相次ぐ

LINEで送る
Pocket

 
キュレーションサイト問題で批判の渦中にあるDeNAに対して、同社の「OB・OG」達が叱咤激励のメッセージを寄せるWebサイトが公開され、ネットから冷ややかな目で見られているようです。


このサイトは「しっかりせい、DeNA」という名称で公開され、同社を既に退職した人々からの在籍中エッセイや寄せ書きで構成されています。

Webサイトに関する説明には「卒業生として、今回の事件は、大変残念だ。悔しい」「問題の大きさに身が震える」などと苦言が呈され「私たちも反省し、”自山の石”として、真摯に受け止めていかなければならない」としていますが、「DeNAのDNAの、私たちが誇らしく思っている部分が今もなお後輩たちに受け継がれていると信じている」と現社員らへの期待感も示して同社へのアドバイスとしています。

寄せ書きのコーナーでは複数の「OB・OG」が直筆の「しっかりせい、DeNA」という画像を掲載しており、現在もDeNAへのエールを募集していますが、「先輩からの忠告」的な上から目線のコンテンツは一般の人に受け入れられているとは到底言い難い状態のようです。

「気持ち悪い」「サークルのノリか」「卒業してからも部活に顔を出す厄介な卒業生みたいだ」と今回のようなサイトをわざわざ作ってネットで公開しようという感覚そのものへの拒否反応が相次いでいるためです。

また、DeNA社内で現況に苦しんでいる従業員たちの立場からすれば「先輩からの苦言」が感謝されるとでも思っているのか、今の社員から見ればお前らのせいだと思われるのが関の山ではないのか、といった指摘もあり、単なる自己満足の企画としてしか受け止められていないようです。

更にメッセージを寄せている「OB・OG」らの多くが氏名と共に現在の肩書きを添えていることから「DeNAの炎上に便乗して自分たちのアピール?」「結局元の会社を批判して自分たちは優秀ウェーイって言いたいだけなのでは」といった辛辣な感想も少なくありません。

先輩として後輩の為になるアドバイスを贈りたい、ということであれば内輪でやれば済むのではないか、Webサイトでオープンにする必要があったのか、という疑問も聞かれており、「先輩方」によるにとっては期待通りの効果が出ているとは言い難いようです。
 


 

関連URL:しっかりせい、DeNA

BuzzNews.JPは新着記事配信にご登録の上、当サイトにてお楽しみ下さい。


follow us in feedly


当サイトではコンテンツの無断転載・無断使用を固く禁じています。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

記事に関連したアンケートは役に立っている

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP