「韓国に水に流すという考え方はない」慰安婦問題での日本の努力に琉球新報が社説で明言

170109-006ryukyu
Pocket

 
1月9日に琉球新報が社説で韓国についての興味深い本質に言及しています。


同紙では期待通り「日本側が冷静に対応することが必要だ」として譲歩を促していますが、2015年末の日韓外相合意に含まれていた「最終的かつ不可逆的に解決する」という一節を取り上げてこう述べているのです。

「韓国に「水に流す」という考え方はないし、慰安婦問題はまだ忘れられない記憶である。日本側は韓国の国民感情を理解し、「忘れないが許す」という方向になるよう粘り強く努力すべきだ。」

ひたすら頭を下げ続けるべきだとも受け止められるこうした主張が日本国内で受け入れられるかは言わずもがなですが、注目されるのは日本に批判的な姿勢の目立つ琉球新報の立場で「韓国に水に流すという考え方はない」とはっきり語っているという点でしょう。

現在の韓国メディアの報じ方に照らせばこれが的を射ているのは明らかですが、日本としてはこうした国民性の国とどのように距離を置くべきであるのか、今回の件で学ばねばなりません。

韓国側が慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的な解決」どころか、まだまだ粘着し続けるつもりでいるのは直近のメディア報道からも明らかです。ハンギョレが「歴史問題については韓中が歩調を合わせて日本を圧迫しなければならない」としているだけでなく、韓国を代表する通信社であるYONHAP NEWSまでが1月9日、こんな感情的な表現を用いて日本を糾弾しているのです。

「外交の慣行に照らしても、礼儀も格式もない振る舞いに驚かされる」
「自分たちが果たすべきことはしたという趣旨で発言するのは見るも哀れだ」
「韓国政府が合意した以上は責任を取れというような態度は反民主的」
「高圧的で傲慢(ごうまん)な態度で臨むならば国の品格の失墜を招き」

そして琉球新報の言う「水に流すという考え方はない」とも共通する、韓国の本音が表れている一文が記されています。

「あらためて強調するが、慰安婦問題に限っては、日本は乞う方の立場でしかない。」

日本が韓国と分かり合えることはない、と割り切って距離を置く姿勢が重要と言えそうです。
 

関連URL:【琉球新報】<社説>駐韓大使帰国 対抗より冷静な対応を 【ハンギョレ】[ニュース分析]「屈服か、外交戦争か」二者択一を強要する日本 【YONHAP NEWS】[時論]10億円拠出に言及 少女像の解決迫る安倍政権

新着情報はFacebook、Twitter、またはFeedlyでどうぞ。

 
follow us in feedly

新着記事情報の端末プッシュ通知を試験導入中。


読者アンケートへのご協力をお願いしています。
お知らせはトップページにて告知します。
Pocket

コメントは利用できません。

Twitterで新着記事配信中

Facebookで新着記事配信中

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アンケート

欅坂46の衣装問題でイスラエル大使館の発言は日本との友好関係に影響した?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

注目の記事

  1. 160105-001

    予言者ジョセフ・ティテル氏による2016年の予言、日本における大地震発生にも言及

  2. 160625-005

    【お知らせ】新サイト「地震ニュース by BuzzNews.JP」を開設しました。

  3. 160625-005

    【お知らせ】CuratedNews リアルタイムTwitter版開設しました。

  4. 160430-004

    イルカ漁に抗議するため和歌山県太地町に居座るシー・シェパードの行動を記録した写真

アーカイブ

ページ上部へ戻る