逮捕された講談社社員が2年前ネットで炎上していた件とTwitterで繰り返していた下品な発言

170111-001kodansha
Pocket

 
1月10日に妻殺害容疑で逮捕された講談社の編集次長の容疑者とされる人物は、約2年前にネットで炎上していたことがわかりました。

2年前にTwitterで「炎上」

同容疑者とされるTwitterアカウントは報道直後から注目を集めており、妻が亡くなった2016年8月9日の約1週間前から今に至るまでぷっつりと発言が途絶えていますが、同アカウントは2014年12月にネットで話題になっていました。

これは容疑者のファンだとする女性が、容疑者とふたりで飲みに行く約束をしたとTwitterで明かし、容疑者が有名編集者だったことから公私混同甚だしいとして批判を浴びたというもの。ファンと個人的に会う予定があると知ったネットから「作品に関する情報を漏らしたりするのではないか」と不満が続出したためです。

作品についての情報を知り得る立場にある容疑者が特定のファンと個人的な繋がりを持つべきではないとして容疑者に対しては厳しい声が寄せられていましたが、今回の逮捕で改めてこの炎上が取り沙汰されるとともに、容疑者がTwitterで女性にまつわる卑猥な発言を連発していたことがわかり、注目を集めています。

下ネタ連発だったTwitter

容疑者のものとされるTwitterはアカウント名が「別マガ」、「新人漫画賞班長」、プロフィールにはモーニングの名を挙げて「編集者」と名乗っていたことから匿名個人アカウントとは言えない状態でしたが、容疑者は下ネタ発言を繰り返していました。

妻殺害容疑の背景には子育てについての対立があったと報じられており、容疑者の女性関係やこれらの下品な発言が事件と関係しているということでは今のところありませんが、容疑者の人となりを知る上での手がかりにはなり得るとして話題になっています。(一部伏せ字)

「オ****はセ****の上位互換です。つまり下ネタでは決してない」
「打ち合わせする→お酒を飲む→猛烈にセ****したくなる→嫁のパンツに手をかける→蹴られる→(´・ω・`) ←今ここ」
「本当はS****がしたいんです。」
「漫画が好き、漫画家が好き、人が好き、嫁が好き、セ****が好き、なんでも、ひとつでも好きなものがあれば、それを突破口に編集者は出来ると思う。」
「政治家は選挙の一か月前からセ****と自慰を断つそうです。そうすると女性有権者との握手ひとつひとつに念がこもるのだ、と。一度いかがでしょうか」
「眠い!セ****したい!お腹すいた!!お肉が食べたい!和牛一頭たべたい!!」
「睡眠は家族みんなで雑魚寝です。お肉は意外と子どもが好きでなく、激減しました。エッチは先日2年ぶりに1秒間おっぱいをさわりました」
「意外とモテてはいます。ただ、セ****よりもオ****と嫁が好きなだけです」
「ちょっと体調が戻ってきたのでオ****しますね」
「連日の飲み会と年末進行と風邪でへばっています。寝たい。オ****したい」
「いやあ、ホント大学受験で初めて一人で泊まったホテルほど、たくさんオ****した夜はないです」
「一度、奥さんにオ****を見られ、死ぬかと思いました。ただ「な、何か用?」 と言ってる間も握ったちん****は離しませんでした」
「ご質問がないと、下ネタと食べ物の話とオ****の話で、埋まっていってしまうので、何でも聞いてくださいね」
 


 


新着情報はFacebook、Twitter、またはFeedlyでどうぞ。

 
follow us in feedly

新着記事情報の端末プッシュ通知を試験導入中。


読者アンケートへのご協力をお願いしています。
お知らせはトップページにて告知します。
Pocket

コメントは利用できません。

Twitterで新着記事配信中

Facebookで新着記事配信中

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アンケート

中高生に人気のSNS「ゴルスタ」自分の子供が使っていたら?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

注目の記事

  1. 160430-004

    イルカ漁に抗議するため和歌山県太地町に居座るシー・シェパードの行動を記録した写真

  2. 160105-001

    予言者ジョセフ・ティテル氏による2016年の予言、日本における大地震発生にも言及

  3. 160625-005

    【お知らせ】CuratedNews リアルタイムTwitter版開設しました。

  4. 160625-005

    【お知らせ】新サイト「地震ニュース by BuzzNews.JP」を開設しました。

アーカイブ

ページ上部へ戻る