170206-003china

アパホテルへの抗議に在日ウイグル人が現地で演説し反響「素晴らしい国でこんな下らないデモ」

LINEで送る
Pocket

 
2月5日に新宿区で在日中国人がアパホテルへの抗議デモを行った件で、現地ではこれに反発する人々らと共にウイグル人の男性が中国を厳しく非難する演説を行い話題になっています(画像はツイキャスより)。


在日中国人によるアパホテル抗議デモに対しては日本第一党の桜井誠氏らが現地を訪れていましたが、桜井氏はチベットやウイグルからやってきた別の団体もアパホテル抗議デモに反対しているとして紹介しマイクを渡していました。

マイクを持った男性はウイグルの人権問題を日本で訴えているトゥール・ムハメット氏で、九州大学で農学博士の学位を取得後日本の民間企業に就職、世界ウイグル会議日本・東アジア・東南アジア全権代表や日本ウイグル連盟の会長を務めていると自身のプロフィールに記述している人物。

在日ウイグル人の声を直接聞く事のできる機会が珍しいという点からも生の声は反響を呼んでいるようです。

「日本の皆様、こんにちは。私は日本に住んでいるウイグル人です。今日は中国の官製デモがこのアジアで最も素晴らしい国家、最も民主主義的な国家、そしてアジアのモデルである日本で行われています。

全世界がこの日本に敬意を表します。この国家は世界のモデルです。こんな素晴らしい国家でこんな下らないデモが行われていることは誠に残念です。

中華人民共和国は1949年、建国して以来、数え切れないほどの殺戮、弾圧、そして海外侵略を行ってきてます。皆様はよくご存知だと思いますけれども、平和ノーベル賞(ノーベル平和賞)をもらっている中国の活動家、劉暁波さんは今は中国の獄中にあります。

そして、中国の憲法のもとで中華人民共和国民族自治区域のもとで、中国におけるウイグル人の基本的人権を守るために発言をした、中国中央民族大学の教授、イリハム・トフティさんがウイグル人の中国の憲法のもとで保障されている権利を主張しただけで無期懲役にされて今、いわゆる新疆ウイグル自治区の獄中におります。

そして、今この習近平の政権の元で中国における言論の自由、デモの自由、結社の自由、全てが奪われています。

こんな国家の人間が、どうして国家犯罪に反対するデモをやらずに、この素晴らしい国家の中で、日本の平和の象徴である日本の素晴らしい警察が守っている中でデモが出来るんでしょうか。

私は、彼らのデモに対して、別に暴力を以て立ち向かう必要は全くありません。このデモをやっている人達というのは、もしかして中国共産党に洗脳されて、あるいはこの中国共産党政権から利益をもらって、あるいは自分達が自分達の手で中国人の血を流した人達かもしれません。

しかし彼らは、彼らが今日行っているこの行動の対価を彼ら自身が支払うことになります。歴史は決して中華人民共和国がこの建国以来の67年間行ってきた数々の虐殺、数々の弾圧、今現在行われているウイグル人、チベット人に対する虐殺と民族抹殺は全く許せない。

しかし皆さん、私は暴力を主張しません。平和な日本の中で平和がいかに大切かということを私はつくづくわかっております。日本の警察の皆様もこんな中で日本の法律を守るために今日、あるいは何日も前から頑張ってこられています。私はもう一度この現場の実情を守っていらっしゃる日本の警察の皆様、そして関係機関の皆様に心から敬意を表します。皆様本当にお疲れ様です。今後とも宜しくお願い致します。ありがとうございます」
 


 

関連URL:【TwitCasting】対支那カウンター2 Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP