170318-010kyosan

記事を撤回して謝罪した共産党機関紙への批判が多数「籠池ヤバいだろ」「赤旗が白旗あげたか」

LINEで送る
Pocket

 
日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」が森友学園問題に関する記事を撤回していた件(関連記事参照)に対し、時間を追うごとに批判と非難が増加しています(画像は共産党トップページより)。

これは赤旗が3月16日に掲載していた、籠池理事長が2016年10月に防衛大臣感謝状贈呈式で稲田朋美防衛相と会っていたとするスクープ記事でしたが、3月18日に「その後の取材で、籠池氏は感謝状贈呈式に参加していなかったことがわかりました」として「おわびして取り消します」と紙面で告知したというもの。

稲田防衛相の答弁を覆す内容だとして大きな注目を集めていただけに反動も大きく、赤旗と共産党への批判が数多く聞かれていますが、赤旗は当初記事の末尾に「籠池氏への取材は、諄子氏と弁護士の同席のもとで行いました」と記述していました。この一文からは籠池氏発言への信頼性に疑問を抱いていた可能性が窺えますが、弁護士まで同席した場において事実と異なる発言がなされていたとすれば、多少の同情は禁じ得ません。

しかし問題は安倍首相と自民党政権憎しが先行し過ぎた赤旗と共産党の姿勢であり、今回の件で森友学園問題への慎重な取り組みが求められますが、週明け以降の共産党議員はどのような国会質疑に及ぶのでしょうか。

赤旗に対しては拙速な記事掲載への批判が多数寄せられている他、森友問題の潮目が変わりつつあるのではないかと感じる人も少なくないようです。

「バカ旗のフェイクニュースだったのか」
「赤旗嬉しくて飛びついちゃったんだろなぁ」
「訂正記事がちっちゃすぎないか?」
「メディアがどんどん逃げ腰になりそうだねぇ」
「こいつら政権支持率落とすためなら何でもありかよ」
「誤報は1面で訂正は小さくなの?やだね」
「赤旗が訂正した事自体に驚いた」
「赤旗が白旗あげたか」
「こんなにすぐバレる嘘ついてた籠池がヤバイよ」
「野党とメディア森友問題どう収拾するんだ?」
「野党4党巻き添えの自爆だなこれは」
「籠池の発言を信じるのは危険すぎるな。どうする民進党」
「共産党はもうこの問題から撤退したほうがいいな」
「これで潮目が変わるかな?野党4党の動きに注目だね」
「共産党にさえ謝罪させる籠池パワーすごすぎるだろ」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

北朝鮮の漂着船乗組員への対応は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP