170320-002takeda

「取り立てみたいだった」森友学園の寄付依頼を受けていた竹田恒泰氏が「委員会」で当時振り返り

LINEで送る
Pocket

 
3月19日の「そこまで言って委員会NP」で、竹田恒泰氏が森友学園側からの強引な寄付要求についてその様子を具体的に説明する一幕がありました(画像は番組より)。

これは番組が森友学園問題を扱っていた中で、籠池理事長が証人喚問で何を語るのか、という話において理財局長から身を隠すように言われたとしていたにも関わらず弁護士から「そんな事実はない」と否定された上に辞任されてしまうなど信頼性に疑問があるのではないか、という空気が漂っていた際に竹田氏が自らの体験を語っていたというもの。

竹田氏は3月5日にも同番組で森友学園側から寄付の依頼があった時のことを振り返って「ちょっと強引な感じがした」と発言していましたが(関連記事参照)、今回はそれを更に具体的にした形で当時の様子に触れていました。

それによると森友学園側は竹田氏のスタッフに「ガンガン電話」をかけてきて小学校開設のための寄付を求めてきたと言い、「こっちがお金を借りているみたいに、取り立てみたいに」と言うほどだったとしてスタジオを笑わせていました。

結局、「安倍晋三」の名前が出てきたことやその強引さから危ないと感じた竹田氏はお断りをしたということでしたが、このやり取りがあった2年前の1月の時点でその翌月までに「あと3億足りない」などと書面に書かれていたと竹田氏は振り返って、森友学園側について「危なっかしいですよね」と感触を語っていました。

辛坊氏は竹田氏が紹介した森友学園側の強引なやり方を聞いて安倍昭恵さんが押し切られてしまう形で協力したような場面もあったのではないかとの見解を示していましたが、竹田氏の話は森友学園の姿勢を直接知る人物による興味深い話だったと言えそうです。

竹田氏の発言

竹田「またこのね、籠池さんのお金の集め方というのが結構乱暴なんですよ。ちょうど2年前のですね、1月の末くらいに僕のところに最後にお金出してくれと言ったのがその時期なんですけど(辛坊「何度も来たの?」)何度もですよ。うちのスタッフにガンガン電話がかかってきて。最初はね、小学校作るっていうから、じゃあ寄付を多少しようかな、と思ってたんですね。そしたらお金の集め方が結構強引なんですよ。で安倍晋三とかいう話も出てきて。いやちょっとこれマズイな、と思って。それでなんかこっちがお金借りてるみたいに、取り立てみたいに(スタジオ笑い)いつ出せるんだと。いつ集めるんだみたいな話になってきたんですよ。それで最終的に断ったんですけど、その時の最終的に来た書面が1月の後半だったんですけども、2月末までに、だから1ヶ月しかないですよ。2月末までにあと3億足りないんだと。なんとか集めなきゃいけないとか書いてあるわけですよ。危なっかしいですよね」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

北朝鮮の漂着船乗組員への対応は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP