170410-002ishimine

宮古島の「自衛隊への暴言」市議が産経新聞に抗議文か、Facebookで告知「厳重に抗議し訂正求める」

LINEで送る
Pocket

 
自衛隊に対するSNS上での暴言が大炎上していた宮古島の石嶺香織市議の後援会を名乗るFacebookアカウントが産経新聞の記事に対し抗議文を送付、回答を求めていると告知しています。

これは4月7日に「石嶺かおり後援会~てぃだぬふぁネット~」がFacebook上で明かしているもので、それによると3月22日に掲載された産経新聞の記事について「事実と異なる報道がなされました」「厳重に抗議し、産経新聞社に訂正を求めます」として4月5日に抗議文を送付するとともに4月12日までに見解を知らせるよう求めているといいます。

問題とされているのは産経ニュースに掲載されている、石嶺市議の県営団地入居を扱った記事で、「石嶺氏が1月の市議補選後に市内にある県営団地に入居していたことがわかった」と伝えており、市議に当選したことによる収入の増加と入居資格について扱った内容でした。

抗議文ではこれに対し入居が決まったのは市議選より前である上に、当選したことで状況が変化したため県の土木建築部へ確認したところ「法的に問題ない」との説明を受けたと主張しており、「私が規定を破っているかのような記述を行っている」などの点や資格についての「稚拙な誤り」が見られるとして産経新聞を批判するとともに、このように書かれていた記事の部分についても否定しています。

「仲介業者が市議の月収を確認し、資格より大幅に上回るため入居するか確認したところ、石嶺氏は「住む所がないので1年だけ入居させてほしい」と答えたという。」(産経ニュースより)

抗議文では「沖縄県土木建築部の間で確認が行われている以上(中略)依頼する必要もなく(中略)このような会話を交わしたことはありません」としてこれらについて「虚偽の内容」と断じた上、産経の報道によって「不法に入居した」などのデマが流れたとして訂正と見解を求めるとしています。

後援会のFacebookページに掲載された抗議文は石嶺香織市議の名前で出されていますが、産経側の対応が注目されます。
 


 

関連URL:Facebook 【産経ニュース】自衛隊差別発言の石嶺香織・宮古島市議、当選後に月収制限超える県営団地に入居

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP