170420-006adachi

「官邸の意向で質問した」朝日新聞の記事に反論「自分達が足立康史議員と相談したものだ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 
4月19日に掲載された朝日新聞の記事で官邸からの依頼に応じた質疑を行っていたかのように記述されていた日本維新の会・足立康史議員の反論について、これを裏付ける発言が周囲から出ています(画像はTwitterより)。

朝日新聞は4月19日に「首相『維新は利用できるからいい』側近に明かした本音」という記事を公開、この中で安倍首相が維新を巧みに利用しているとの論調を示す一例として、4月上旬の足立康史議員による質疑が官邸周辺からのメールに沿って行われた、などとしていました。

足立康史議員は4月19日の外務委員会でこれに触れ、「わけのわからん記事」「政治っていうのはこんな単純に動いてるもんじゃない」などと朝日新聞を厳しく批判していましたが(関連記事参照)、4月20日未明にもTwitterで反論すると共に問題とされる質疑は官邸の意向ではなく周囲との議論から生まれたものだ、と説明。

「そもそも記事にある今月6日の衆院農林水産委員会での私の質問。これは、官邸の意向でも下命でも私の忖度でも何でもなく、「報道特注」でおなじみの魚屋・生田さんといろいろ議論している中から生まれた質疑であって、その著作権は私に、せいぜい拡げても生田さんにあるのであって、官邸なんか無関係だ」

すると4月20日午後、生田よしかつ氏が足立議員の発言をTwitterでこのように裏付けています。

「朝日新聞の記事だけど、この委員会質問は足立さんとオレとオレの後輩で相談して作ったモノだよ。いい加減だねぇwww」

またもう一人、元経産官僚の宇佐美典也氏もTwitterで生田氏との関係について説明の上、「生田さんと俺で相談して足立さんに依頼した国会質問」と語ると共に足立議員の質疑について生田氏から相談された際のLINE画面に書かれていた「質問原案」まで明かしています。

朝日新聞は4月19日、「朝鮮人虐殺を含む災害教訓報告書が内閣府のWebサイトから削除された」とする記事を公開していましたが、事実と異なるのではないかとして問題視されている最中であるだけに、足立議員に係る記事についても不信感の広がりは拭えないようです。
 

日本維新の会・足立康史氏の政治家としての評価を5段階で

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

関連URL:【朝日新聞】首相「維新は利用できるからいい」 側近に明かした本音 Twitter Twitter Twitter Twitter(LINE画面)

BuzzNews.JPの新着記事配信をどうぞ。


follow us in feedly


無断転載・無断使用を固く禁じます。

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP