170420-007renho

「何人受かったら代表続けるんですか?」蓮舫代表に都議選における引責辞任前提の厳しい質問

LINEで送る
Pocket

 
4月20日の記者会見で、7月の都議選の結果と絡めた蓮舫代表の責任論について辛辣な質問が飛んでいました(画像は民進党より)。

離党が続くなど民進党にとって都議選が非常に厳しくなるだろうことが既に誰の目にも明らかになりつつある中、蓮舫代表の責任論が浮上するのは避けられないと見られていますが、会見では都議選における蓮舫代表の結果責任がどのラインで生じるのか、という質問がこんな表現で行われたのです。

記者「一体全体、何人、受かったら、蓮舫さんは代表を続けるんですか?」

「どのラインを割ったら責任が生じるのか」ではなく「何人受かったら代表を続けるのか」という蓮舫代表の辞任が前提になっているかのようにも聞こえる厳しい質問に対し蓮舫代表は複雑な表情を見せていました。

「今はまだ言う段階ではない」と濁し「全力で党として出来ることはやっていきたい」と語った蓮舫代表でしたが、質問にはもうひとつ、蓮舫代表を追い詰めるフレーズが含まれていました。上記に続いて記者はこう述べたのです。

記者「つまり、去年の都知事選で岡田さんがみっともない辞め方をしましたよね。非常に。だからたらればですけどね、ちょっとそれを聞かせてくれませんか」

岡田克也氏が代表辞任を表明したのは2016年7月30日のことでした。これは民進党が推していた鳥越俊太郎氏が7月31日の都知事選で惨敗する前日であったため疑問の声も出ていましたが、質問は蓮舫代表に対し「都議選での負けが確定的になったからといって結果が出る前に辞めるのは『みっともない』がそういうことはないのか」と迫ったと見ることも出来るのです。蓮舫代表はこう答えていました。

蓮舫「去年の前代表の、ご自身の去就については、私はみっともないとは思っていません。ひとつの政治判断だと思っています。そこは意見が違います」

都知事選の前日に辞意を表明した岡田氏を擁護したというのは、自身にもその可能性がどこかにあるから、ということなのでしょうか。

いずれにせよ民進党の党勢回復期待を一身に背負った形で就任した蓮舫代表が、1年持たずに「辞任前提」の質問が直接向けられるまでに落ちぶれてしまったのだけは間違いありません。
 

蓮舫代表の辞任と都議選はどちらが早いと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 


記事が面白かったら「いいね!」 



BuzzNews.JPは新着記事配信にご登録の上、当サイトにてお楽しみ下さい。


follow us in feedly


当サイトではコンテンツの無断転載・無断使用を固く禁じています。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

和田政宗議員と米山隆一新潟県知事が論戦したらどちらを応援する?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP