170421-002konishi

今度は安倍首相を「強盗殺人犯」と表現した民進党・小西ひろゆき議員のツイートに多数の批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 
4月19日にテロ等準備罪が成立したら国外亡命を考えなければ、などと語り話題になったばかり(関連記事参照)の民進党・小西ひろゆき議員が今度は安倍首相を「強盗殺人犯」呼ばわりし批判が押し寄せています(画像はTwitterより)。

これは4月20日の夜、テロ等準備罪への強い懸念を示すため小西議員がTwitterでこう語ったというもの。

「安倍総理は法論理ではない不正行為によって歴代解釈を破壊し、国民から憲法9条を強奪した。つまり刑事犯罪人で例えるならば安倍総理は強盗殺人犯である。その安倍総理が共謀罪を濫用しないと主張するのは、強盗殺人犯が「私は自分の身勝手で泥棒することは絶対にありません」と主張するのに等しい。」

小西議員は安倍首相が「不正行為によって歴代解釈を破壊し」と語っていますが、多くの人は「何を捉えて不正行為としているのか」という点がまずわからないとした上で「国民から憲法9条を強奪した」としている部分についても「まだ憲法9条は存在しているではないか」と受け止めており、ツイートへの共感は広がっていないようです。

寧ろ首相を「強盗殺人犯」呼ばわりしている点への批判が多数寄せられており、「同じように一般人を強盗殺人犯だと書いたら名誉毀損や侮辱にならないのか?」という疑問が数多く出ているとともに「自民党議員が野党議員に同じことを言ったら問題になるだろう」として話題になっています。

ツイートに対しては4月21日10時現在、300以上のリプライが返されていますが、「国外亡命」に「強盗殺人犯」とテロ等準備罪への反対から発言がエスカレート気味の小西議員が次にどんな主張を展開するのか、という関心もあるようです。

「首相を強盗殺人犯呼ばわりとかまずいだろ」
「ちょっと何言ってるかわからない」
「首相のどこがどう不正行為なのかわかんねーよ」
「9条を強奪ってまだ憲法9条あるじゃん」
「一般人を強盗殺人犯に例えたら大問題になるよな。これはいいの?」
「問題発言じゃないの?マスコミは取り上げてくれよ」
「これは名誉毀損か侮辱には当たらないのか?」
「Twitterに連絡しておきました」
「これが高給取りの国会議員の発言か」
「小西よ、まず支持率を直視しようぜ」
「民進党の高学歴議員を見てると悲しくなってくる」
「民進党議員はもう全員Twitter止めたほうがいいよ」
「一番ヤバイのはうまいこと言ったと思ってる小西本人」
「もういいから早く亡命しろ」
 

民進党・小西洋之議員の政治家としての評価を5段階で

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

関連URL:Twitter

BuzzNews.JPの新着記事配信をどうぞ。


follow us in feedly


無断転載・無断使用を固く禁じます。

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP