170421-003edano

枝野幸男議員が質疑冒頭で激しい自民党や金田法相批判「政権時代もこんな強引なことしなかった」

LINEで送る
Pocket

 
4月21日の衆議院法務委員会で、テロ等準備罪に関連した質疑に立った民進党の枝野幸男議員が、冒頭から激しく自民党や金田法相を糾弾するという場面がありました。

枝野幸男議員が冒頭から激しい怒り

枝野議員は質疑に立つと「申し上げたいことはいろいろあるが絞って最初に申し上げたい」として政府参考人招致の問題を取り上げ自民党を厳しく批判していました。

かつての民主党政権時代にも政府参考人を付けさせて欲しいと当時野党だった自民党に依頼したことはあったが、自民党側に拒否されれば強引に政府参考人をつけたりはしてこなかったとして現在の自民党や政府への怒りを露わにすると今度は金田法相に対し「金田大臣が怒らなきゃいけないこと」と矛先を変えます。

枝野議員が言うには強引な政府参考人は金田法相に能力がないと与党が判斷しているためであるのだから「怒るか、恥ずかしくなって逃げ出すか、そうしないとおかしいことなんだ」と強調。

こうした展開には委員長から枝野議員に注意が飛びますが、枝野議員は譲らず「でも客観的にそうでしょう!」と続け、自分達が与党だった時代でもしなかったことを自民党が強行に進めていると主張して別の話題に移っていました。

枝野議員は冒頭、「まぁ自民党の皆さんは便利な記憶能力をお持ちのようで」「民主党がやったことについての記憶は非常に詳細にいろんなことを仰る」「この都合の良さは何だろうな」と民進党が「ブーメラン」と責められることへの恨み節のようにも思える言い回しも見られていました。

枝野議員の発言

枝野「ええと申しあげたいことはいろいろあるんですが、聞きたいことが沢山あるので絞って最初に申し上げたいと思いますが、(大きな声で)まぁあの自民党の皆さんというのは便利な記憶能力をお持ちのようで、民主党がやったことについての記憶は非常に詳細に色んなことを仰る。安倍総理に至ってはもうこれしかない。

今日もなんか、だいぶ前に修正案を民主党として出したその修正案について一生懸命取り上げて頂きましたが、自分達がやってきたことについてはまっったくお忘れになってるようで。この都合の良さは何なんだろうなと私は申し上げておきたいと、いうふうに思います。

野党自民党の時代も、これは技術的な事項だから、政府参考人付けさせてくれと何度もお願いをしたけれども、ダメだと言って拒否され、それでもこんな、強引な形で政府参考人をつけるだなんてことはしませんでしたよ。

(強い声で)前代未聞の、政府参考人強行です。しかもですよ?我々、嫌がらせのように政府参考人を一切認めないなんてやってませんでしょ!?昨日だって私は、初めから政府参考人を私は登録すると言ってましたし今日もそうです。

にも関わらず、こういう形で、要求もしていない、つまり基本的事項について尋ねると言ってる質問に対して、今まで、これは我々の政権の時も、答弁がなかなか不安定な方いらっしゃいましたよ。それでも、こんな強引なことしなかった。それを2回も続けて強引なことをやったと。これね金田大臣が怒らなきゃいけないことなんですよ。

つまり歴代、少なくとも政府参考人制度が出来て以降の歴代大臣の中であなたが一番(大声で)能力がない!!与党はそういうふうに判断をしていると、そういうことなんであなたは怒るか、恥ずかしくなって逃げ出すか、そうしないとおかしいことなんだとまずは申し上げておきたい。

委員長「枝野君に申し上げます。発言には十分ご注意を願います」

枝野「でも客観的にそうでしょう!政府与党がそう考えてなければ。ね。先程だってそれは技術的な事項だからここでは答えられませんと、そう答えればいいんです!それだと、基本的な事項についても何度もそう答えることになって、それじゃ持たないと与党の皆さんがお考えになったからこんな前例のない強引なことをやった。

今までの歴代、どの内閣でもどの大臣でも答弁が不安定で、これはちょっと何とかしないと、我々が与党の時もありましたよ!それでもこんなことしなかったのに、そうした大臣よりも答弁する能力がないということを自ら認めているということ。そのことをまず指摘しておきたい。それから先程TOC条約との関連でいろんなことを仰っていましたが(以下略)」
 

委員会への政府による参考人招致問題について

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 


記事が面白かったら「いいね!」 



BuzzNews.JPは新着記事配信にご登録の上、当サイトにてお楽しみ下さい。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

前原民進党「次の内閣」に政権を担わせてみたい?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP