170517-003adachi

維新・足立康史議員が国会で生コンの輸入実態と辻元清美議員の関与について調べるよう政府に要求

LINEで送る
Pocket

 
日本維新の会・足立康史議員が5月17日の衆議院外務委員会で「生コン業界」と「辻元清美議員」に言及、かねてより公言していた通り本格的な追及を開始しています(画像は衆議院より)。

生コン輸入実態と辻元議員の関与を調査するよう要求

足立議員は21分の質疑のうち15分をこの問題に費やしていました。「残りの時間は辻元清美議員と北朝鮮ということでちょっと」と切り出すと周囲からは笑いも起きていましたが、この問題への期待値の高さを知っているためか足立議員は「大変奥深いものがある」「難度の高い仕事」「今日面白いことがわかるということではない」と釘を差しながらも「外堀からしっかり確認させて頂きたい」と語り追及を継続していく意気込みに触れていました。

足立議員は今回、「生コン」業界の実態が不明瞭である点に焦点を当て、原材料である砂や砂利の輸入量に着目。90年代には年間およそ50万トンだった輸入量が2016年には13万トンに激減していることをまず明らかにします。

その上で「輸入されている砂や砂利が何に使われているのか」という点について経産省や国交省などに質問をぶつけますが、答えはいずれも「詳細に把握していない」というものでした。足立議員は誰がどういう形で何の為に輸入し何に使われているのか把握できていないのは問題だ、との認識を示し、経産省と国交省に調査するよう求めると共に、質疑の最後では「合わせて辻元清美議員の関与についてもですね、調べて頂くようお願いします」としていました。

足立康史議員の該当部分発言(全文)

足立「今日は頂いている残りの時間ですね、『辻元清美議員と北朝鮮』ということでちょっと(周囲から笑い)。まぁ北朝鮮大変、問題になってますんで、あのーしっかり解明すべきは解明をしていく。ただ大変あのー奥深いものがございまして、大変これ難度の高い仕事であります。従って今日なにかあの、面白いことがわかるということではありませんが、外堀からですね、しっかり確認をさせて頂きたい、こう思ってます。えっとまずですね、日本と北朝鮮の貿易関係の全体像これはちょっと割愛します時間勿体ないんで。あのー、えーとですね、所謂生コンに使われている、あ、経産省来ていただいてますね。生コンちゅうのは簡単に言うとどうやって出来るんですか?」

経済産業省大臣官房審議官「えーお答え致します。あのーコンクリートの原料とそれから砂や砂利、そして水を工場で混ぜて作るのが生コンの基本的な作り方でございます」

足立「これあの、いろいろね、あのー経産省もしっかりとこの生コンクリートについてって紙わざわざ作ってくれてね、有難うございます。歴史とかね。細かいことはもう割愛しますが、まぁあの直近で、えーだいたいまぁ要すればセメントと骨材と、えー水を混ぜて作るわけですね。昔は現場でこうやってましたけど今は生コン業界。えー生コン、生コンを作る生コン業界っていうのが形成されていて、従ってあの、生コン業界が骨材を手に入れるもんですから実はあんまりその先がよくわかんないっちゅうような議論もあるようでありますが、だいたい骨材は1億トンですね、年間使われてます。で、そのうち半分が砂で半分が砂利ということであります。これ、えー輸入もしてますよね?なんで輸入・・・(官僚の方を見ながら)あ、どっちに聞いたらいいか、なんで輸入がある、こんな重たいもので、重たいちゅうのも変ですけど、ああ重たくてもアレか船で運んできたらいいのか。なんで輸入してるんですかね?」

経産省大臣官房審議官「あのーご指摘の通り骨材には砂、砂利、それから砕石といったものがありまして、えーまぁ砂・砂利・砕石の用途はですね、一般的に言いますとその多くはやはりコンクリート、それから砂利・砕石についてはコンクリートや或いは道路に使うといったようなものになっております。えーこれはあの輸入に限らずということでございます。じゃ、輸入品はどんなものに使われてるかというとこれはなかなかあのー分けることが難しくてですね、詳細に把握は出来ておりませんが例えばということで申し上げるとですね、えー、ゴルフ場向けの白い砂とかですねぇ、或いはあの装飾品向けの着色された砂利とか、こういったものが輸入の事例があるというのは伺ってございます」

足立「あのーだいたいですね、あのー直近の、もう時間アレなんでこっちから申し上げますが、えー直近の砂と砂利の輸入ですね、だいたいそれぞれ、まぁ丸めると10万トンくらい輸入があるわけです。ところがそのー、これ財務省でもいいんですが、そのー1990年代はですねえ、1990年代例えば前半を取り上げると、えー・・・、前半を取り上げるとですねだいたい砂が、これもうあのー資料頂いてますが、砂が年間だいたい300万トンくらい輸入してまして、砂利も300万トンくらい輸入してます。ところが直近は、全世界からの日本の輸入が10万トンずつくらいに・・・(確認して)そうですね。財務省、だいたいそうですねぇ?何故減ってるんですかね?いやまず事実関係として、大きく輸入が減ってますねぇ?それがまず事実かどうか。それから、なぜか。教えてください

財務省大臣官房審議官「お答えを申し上げます。まずあの、数字の観点でございますが、えー1990年代前半ということで、90年から95年の合計の数字を先生いま、仰ったんだと思います。えー300万トンというのは従いまして5、6年間合わせたものでございますので1年でみるとだいたい50万トン程度かと思います、平均をしますと。他方で2016年につきましては13万トンということでご指摘の通り確かにこれ減っております。で、この輸入が減っている理由でございますがちょっとこれは、私共財務省の方ではちょっと把握が出来ておりませんので、お答えを差し控えさせて頂きたいと思います」

足立「経産省わかります?要すればね、輸入減ってるわけですよ。で、そもそも先程まぁ輸入されてる砂・砂利は何に使われてるかってことですけど、これだけの量があって、でまぁだいぶ減ってるわけですけど、当時何に使われていたか、今何に使われてるか、いずれにせよそういうものを経産省は把握をしてます?」

経産省大臣官房審議官「あのー詳細にはですね、把握はしてございません。先程申し上げた通り、この砂・砂利あるいは砕石というのは殆どがコンクリート及び道路用と。これ殆どでございますので、そういう需要動向というのはひとつの要因の可能性はあるということかな、と思っております」

足立「あのー、今日国交省も来て頂いてますねぇ。なんかご知見ありますか?」

国土交通省大臣官房審議官「お答え致します。国土交通省におきましては、輸入されている砂・砂利および砕石の用途については把握をしておりません

足立「結局私、だいぶこれ時間をかけて調べたんですけどね、実はあの、砂と砂利の、国内のですね、あのー国内で、まぁ大きな石を砕いて砂利にしたり、或いは砂にしたりっちゅうことで、先程あったように、業界としては1億トン?の骨材を使って、えー国内の様々な、まぁ先程ありましたように半分、えーと多くはコンクリート、それからえー、いくらかは道路。それがもう殆どですねぇ。建設業界なわけですけども、国交省もそれは知らないと。知らないというのは誰が、誰がと言うかどういう形で輸入して、あのー輸入された砂や砂利を、何の為に誰が輸入して何処に行ってるんだっちゅうことを、あんまり把握されてないんですね。えっともう1回両省、経産省国交省、具体的な把握をしてないということでいいですね?あぁもう頷いてらっしゃるからいいと思います。あのー、これちょっと調べてくれますか?あの私ね経産省にいたからねよくわから・・・例えば自動車産業とかね、えー何と言いますかね、自動車産業、電機産業、えーいろんな産業がありますが、普通業界団体がですね、全部わかってるもんですよ。で、まぁ財務省も、これ数字は全部取ってますけど中身のことは役所に聞いて下さい、他省に聞いて下さいってことになるんでこれは政府が掌握してないということですが、私の常識から言うとこんなものわからないっていうのはどういう世界だと。こう思うわけですね。で、経産省に伺うと、生コンについてはですねぇ、えー・・・(資料を見ながら)まぁ、戦後、戦後ですね、えー、なんでしたっけスカイツリーでしたっけ、あのスカイツリーが建ってる辺りで、日本初の生コン工場が出来てですね、それでちょうど私が生まれた頃からずーっと団体、組織化されていって、様々な中小企業近代化促進法等の支援も受けながらですね、構造改善をずっと進めてきたということで、業界自体はこれちゃんと、ちゃんとやってるわけです。で、こういう業界に聞けばですね、あのーなんか聞きにくいとかいうことがある、んですかね?あのー、ちょっとあのー特に輸入です。国内はまぁわかってるでしょ。特に輸入されている、砂と砂利。これが、あのー、えー、どういう形で輸入され、何に使わているのかということを調査頂けますか?

委員長「えーどちらが答えますか?・・・経済産業省佐藤大臣官房審議官」

経産省大臣官房審議官「あのー実は業界団体にはですね、今日のご質問があったので聞いてみたんですが非常に把握して無くて把握するのは難しいということでございました。あの、いくつか理由があるんですけれども、まずその砂・砂利をですね輸入品なのか輸入品でないのかということがですね、あの例えば生コン業界ではわからないということであって或いは生コン業界、ご案内の通り大変3000企業、3000工場以上ありましてですね、大変数が多いということで、えーこれを詳細に調べるのは団体としてもなかなか難しいと、いったようなことで大変難しいということでございまして、あのー今私共が持っている情報は、あのー以上でございます」

足立「あのー、たまたまですねこれある月刊誌にですねぇ、えー東アジアを蝕む砂の乱採取、っていう記事がありましてね、えー傍若無人のサンドマフィア、とかですね、底知れぬ東南アジア市場の需要、って(近くの議員を指差して)あ、お持ちですね。あのー読まれました?この記事。これ日本について一切書いてないんですよ。あのーいろいろ書いてあるんですインドがどうとか中国がどうとかね。で大変、奥深い世界らしいですあのー世界中で。特にアジアで。でただこの記事はですね誰が書いたのかな。誰が書いたか書いてないな。書いてないんですが、あのー何故か日本には一切触れてないんですねこの記事。だからあのー、日本国内に、あのー、世界の、東アジアの、アジアの国々から、えー砂と砂利が入ってきてるが、誰がどう入れどう使われてるかわからない。大臣ね、気楽に、あのー気楽にと言うか通告してないんですけど、今聞いて頂いたように普通の産業って全部わかってるんですけど、どうもここだけねぇ、わかんないと。で、経産省は『聞いても教えてくれない』と。えーしかし、今これ申し上げたように大臣またご覧頂きたいと思いますがこういう、東アジアを蝕む砂の乱採取ってことで、まぁ、様々な資源がですね、まぁあのー、いろいろなんだ、新興国の勃興とかもあってですね、まぁ水とか、いろんなものも課題になってます。だから私は、外務省としてもね、これはあのーちゃんと掌握していったほうがいいと。まぁ外務省がやるっちゅうこともないな。ちょっと経産省にね、ちゃんと調べろって言って頂けませんか

(委員長笑って「岸田外務大臣」)

岸田外相「あのー、ご指摘の業界の事情或いはご指摘の週刊誌の記事等も承知しておりませんので、あのーちょっといろんな事情があるのかどうかもわかりませんが、あのー一般論として様々な業界に、あるいは実情について、えー政府として把握をし、政府の方針や政策の参考にしていく。こういったことは大事なのではないかと思います。政府として、えーこの必要な情報把握については進めるべきではないかと考えます」

足立「時間、あの、ごめんなさいちょっと過ぎましたが、あの終わりますが、経産省・国交省はですね、えー、ちょっと協力して、あの、この、今私が伺ったことを調べて下さい。で合わせて辻元清美議員の関与についてもですね、あの調べて頂くようお願いして質問を終わります有難うございます
 

生コン業界と辻元清美議員への追及開始した足立康史議員を

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 


記事が面白かったら「いいね!」 



BuzzNews.JPは新着記事配信にご登録の上、当サイトにてお楽しみ下さい。


follow us in feedly


当サイトではコンテンツの無断転載・無断使用を固く禁じています。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

蓮舫代表が辞任した政局睨んで安倍首相はいつ解散すべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP