170524-002tamaki

玉木雄一郎議員の「反論ブログ」が批判殺到で炎上状態に、安倍昭恵さんの件思い出すとの声も

LINEで送る
Pocket

 
加計学園問題に関連して自身に取り沙汰されていた件について、5月23日にブログで反論した民進党の玉木雄一郎議員に批判が殺到し炎上状態になっているようです(画像はTwitterより)。

玉木議員は5月23日、日本獣医師会との関係が加計学園問題追及の背景にあるのではないかとの憶測を否定する形でブログを更新(関連記事参照)、献金は適切に処理されており問題はないとの見解を示していた他、日本獣医師会の会合におけるスピーチについても「完全な印象操作」と不快感を露わにしていました。

ブログの末尾では「支持していただける人が増えてくれることを願っています」と語っていた玉木議員でしたが、残念ながら支持者が増えることはなかったようで、玉木議員のTwitterに対しては山のような非難が押し寄せています。

中でも多くの人が指摘しているのが森友学園問題における安倍昭恵さんとの対比という文脈から玉木議員の言動に納得出来ないという点です。

まず父親と弟が獣医師である点について玉木議員はブログで改めてこれを認めてはいますが、一方でTwitterでは「憶測に基づく、家族の誹謗中傷まで含む、承服しがたい報道や書き込み」と憤慨。しかしこれは森友学園問題における安倍昭恵さんへの糾弾も「憶測に基づく承服し難い報道や書き込み」だったのではないかとして、立場が変われば身勝手な主張を展開するのかと受け止めた人々からの厳しい声が殺到しています。

また玉木議員が受け取っていた献金が100万円であった点も安倍昭恵さんが渡していたのではないかとされていた額と同じであることから「100万払ったのではないかとあれだけ叩かれた安倍昭恵さんと100万もらって問題ないと言い張る玉木議員」という形で対照的だと捉えられ注目度を増す材料となっているようです。

更に安倍昭恵さんがFacebookを更新した際に民進党がそれではダメだ国会で説明しろと迫っていたにも関わらず自分の場合はブログで終わりか、とここでもダブルスタンダードではないのかとの疑問が相次いでおり、これらの点から玉木議員は炎上状態になっています。

そもそも明確な違法性が見つかっておらず、玉木議員自身もテレビで加計学園問題の論点を「違法性ではありません」とはっきり答えていただけに(関連記事参照)玉木議員のブログは安倍首相を追及する姿勢を止めようとしない民進党側による一種の「開き直り」の象徴との扱いとして怒りの矛先となってしまっているようです。

「お前が言うなで終わりじゃんこんな駄文」
「自分達だって憶測であれこれ言ってたくせになぁ」
「安倍昭恵さんにやってたこと振り返ってから話せよ玉木」
「印象操作はいつもお前らがやってることだろ」
「こんな言い訳ならしないほうがマシだったな」
「ナーバスなようだけどヤバいと思ってるのかね」
「憶測で国会空転させてた連中は面の皮が厚いな」
「献金とか家族が獣医とかこの問題に関わっちゃいけないよ」
「お前、自民党議員が同じことして開き直ったら認める?」
「加計学園だって違法性はないだろうが何言ってんだ」
「こんなことで安倍に道義的責任を問う資格あるのか?」
「昭恵さんがFacebookで反論した時民進党は叩いてたよな」
「被害者のように振る舞う態度が不快で仕方がない」
「自分に甘く他人に厳しいでお馴染みの民進党です」
「厚顔無恥も甚だしいとはまさにこのこと」
 

加計学園問題追及に民進党・玉木雄一郎議員の適格性は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

関連URL:Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党はどうすべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP