170529-001renho

「国連の勧告」を「国連関係者の提言」にトーンダウンさせた蓮舫代表に批判の声「まず撤回を」

LINEで送る
Pocket

 
国連特別報告者のケナタッチ氏がテロ等準備罪法案を批判している件で、氏の位置付けについて国連事務総長が「国連の総意を反映しているものではない」と発言したことに対する蓮舫代表のコメントが話題になっています(画像は蓮舫代表の公式サイトより)。

ケナタッチ氏によるテロ等準備罪法案への批判は国連が法案に反対しているのか、という形で懸念が広がっていましたが、5月27日に安倍首相と会談したグテレス国連事務総長がこう語っていたと報じられています(産経ニュースより)。

事務総長「特別報告者は国連とは別の個人の資格で活動しており、その主張は必ずしも国連の総意を反映するものではない」

これを受けて民進党の蓮舫代表は5月28日、こうコメントしています(産経ニュースより)。

蓮舫「国連の関係者で提言内容は軽視すべきではない」

蓮舫代表は「国連の関係者」という表現を用いて引き続きテロ等準備罪法案が国際社会から受け入れられるものではないとする論調を崩していませんが、「国連の関係者」という言い回しが1週間前とは異なっている点に注目が集まっているようです。

というのも5月21日の時点で蓮舫代表は「国連の勧告」と述べていたためで、朝日新聞は「蓮舫代表『国連勧告を受け止め廃案を』」と記事のタイトルにしていました。

蓮舫「私たちが主張していることと同じ懸念だ。政府は、国連の勧告を重く受け止め、法案は廃案にすべきだ」

「国連の勧告」だった筈が「国連の関係者の提言」にトーンダウンした形の蓮舫代表に対しては失笑の他、「訂正・撤回はしないのか」といった批判や「知ってて国連勧告と言っていたなら問題」「知らなかったとしても野党第一党の党首としてはやっぱり問題」などの厳しい反応が相次いでいます。

「国連の関係者だってさ笑」
「事務総長の意見より関係者の意見重視するのか」
「お前国連勧告だって騒いでたじゃねーかよ」
「まず自分の発言を撤回するところからだろうが」
「蓮舫さんカッコ悪いですよ」
「国連使おうとしてハシゴ外されちゃったの?」
「都合のいいものにすぐ飛びつくから」
「恥ずかしくないのかよコイツ」
「ここで謝れたら少しは見直されるのに」
「知らなかったのか知っててやってたのか」
「しかし見苦しいねえ。今度は関係者と来たよ」
「本当に息を吐くようにウソをつくんだな」
「民進党は次は何を言い出すのかな」
「これじゃ安倍一強になるわけだわ」
 

テロ等準備罪への「ケナタッチ批判」日本は考慮すべき?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

関連URL:【産経ニュース】国連事務総長が慰安婦の日韓合意に「賛意」「歓迎」 テロ等準備罪法案批判「国連の総意ではない」 安倍晋三首相との会談で 【産経ニュース】民進・蓮舫代表、国連特別報告者の批判「提言内容軽視すべきでない」 【朝日新聞】蓮舫代表「国連勧告を受け止め廃案を」 「共謀罪」法案

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

足立康史議員の一連の発言の中で、撤回すべきだと思うのはどれですか(複数回答)。

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP