170531-005azumi

遠回しの蓮舫代表批判?民進党・安住代表代行が小池都知事指して「二重党籍」辛辣発言の真意は

LINEで送る
Pocket

 
民進党の安住淳・代表代行が5月31日の記者会見で、自民党籍のまま都民ファーストの代表に就こうとしている小池百合子都知事を「二重党籍」と表現し批判、この発言を巡ってその真意が取り沙汰されています(画像は民進党より)。

「二重党籍」「都合のいい胡散臭さ感じる」

安住代表代行は加計学園問題についての政府対応を厳しく批判した後、都議選における民進党の戦い方について問われ都民ファーストと小池百合子知事に言及。民進党としては「全力でやるしかない」と意気込みを語ると、小池都知事批判を展開していました。

小池都知事が自民党籍のまま都民ファーストで勢力を伸ばそうとしている姿勢であることについて安住代表代行は「二重党籍そのもの」と語ると「都合のいい胡散臭さを感じる」と指摘。

更に「おかしいんじゃないですか?自民党籍置いたまま都民ファーストやって」と疑問を呈すと、都民ファーストの候補者自体が民進党などから移っていった人間もいるとして「新味がないってだんだんわかってくると思う」といずれメッキが剥がれるとの見解を示していました。

安住代表代行の一連の発言は「二重党籍」という言葉を用いていたことから大きな反響を呼んでいるようです。というのも蓮舫代表の二重国籍問題が未だに収束したとは言えない状態であるのに加え、直近でも自民党の小野田紀美議員が蓮舫代表の態度を批判したり、蓮舫代表の会見でも記者からこの問題に関する質問が飛んだばかりのタイミングであるため(関連記事)、「二重国籍」が安住代表代行の念頭にまったくなかった、とは考えづらいためです。

更に安住代表代行はその後、「まぁ人様のこと言える立場じゃないことは前置きしときますからね」とも述べていました。これが「まぁ民進党も党首の二重国籍問題がありますから人様のこと言える立場じゃない」という意味であったと受け止めることが出来てしまう点も発言の真意が取り沙汰される要因になっているようですが、果たして本心はどこにあったのでしょうか。「遠回しの蓮舫批判だったのではないか」と解釈する人も少なくないようです。

「民進党は党籍どころか国籍の話じゃねえかよ」
「蓮舫の前で同じこと言ってやれ」
「安住は蓮舫キライなことがよくわかった」
「ニュースになりたくてわざと言ってんじゃねーか?」
「小池に関しては正論だが民進党が言ってもなぁ」
「自虐ネタのつもりかよ笑えないんだよ」
「突っ込んで欲しいんだろうなぁ」
「民進党は皆んなでブーメラン競争してるだろ」
「遠回しの蓮舫批判だな。もう長くないと思う」
「記者もなんでここで二重国籍を突っ込まないのかな」

安住淳代表代行の発言

「まぁあのー、こういう状況なんで、人様の政党のことをとやかく言えるような状態じゃないからとにかく一人でも多く定数の中に滑り込ませようと思って全力で今はやるしかないと思っております。

まぁ敢えて申し上げれば、あのー、都民ファーストか何かわかりませんが、あの自民党籍に置いたまま、そういうことをやるって言うのは、あのー二重党籍そのものなんだから、何かこう、私は敢えて申し上げますとあの、それはちょっと都合いい胡散臭さを感じますね。

おかしいんじゃないですか!?自民党籍置いたまま都民ファーストをやって自民党と戦うなんて、都合のいい時は自民党とくっついて、都合が悪くなれば自民党を攻撃するなんて、私はそんないい加減さというのはいずれ都民の皆さんあの、まだ選挙まで時間ありますから、だんだんそうしたことがはっきりしてきたということと、都民ファーストそのものはですね、残念ながら我が党から行った人間や自民党から行った人間、つまりハッピを脱げば元々どこにいたんだって話になりますからね、だからそういう意味での新味がないってのはだんだん私はわかってくるんじゃないかと思いますよ。

まぁ人様のこと言える立場じゃないことは前置きしときますからね。もし報道する時は必ず伝えて下さいよ。(笑)うちが火の車だってことはわかった上で言ってるんですからね(笑)」
 

安住淳代表代行の「二重党籍」小池批判は間接的な蓮舫非難だと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP