170612-001tamaki

国連特別報告者について「個人の意見」と退けた自民党に玉木議員が「叙勲された人もいる」

LINEで送る
Pocket

 
6月11日のNHK「日曜討論」で、テロ等準備罪法案を巡る議論において国連特別報告者のケナタッチ(カンナタチ)氏について自民党から「個人の専門家」と指摘された民進党の玉木雄一郎議員が特別報告者の中には日本から叙勲された方もいる、などと反論する一幕がありました(画像は番組より)。

叙勲された人もいる、と反論

「『テロ等準備罪』法案 必要性の是非は」というテーマで議論を行なっていた中で、テロ等準備罪法案の必要性を説明していた下村博文・自民党幹事長代理が野党の主張を退ける内容を語った後でケナタッチ氏に言及、「国連と関係ない個人の専門家の意見」と断じると玉木議員が政府は反論できていないと指摘。

更に特別報告者は個人の資格でやってると言うが英語で言うと「独立した専門家」だと主張しその正当性をアピールしようとしますが、次に飛び出したのは特別報告者の中には日本から叙勲された人物もいるではないか、というものでした。

玉木「つまり独立した専門家なんです。スペシャリストなんです。ちなみにですね、北朝鮮の人権特別報告者、マルズキさんていらっしゃいますけど、これは日本政府この春、旭日大綬章出してますよ。」※

※マルズキ・ダルスマン氏が授賞したのは「旭日重光章」(産経ニュースより)。

玉木議員は「都合のいい所だけ褒めて都合の悪いところは個人でやってるというのは如何なものか」と自民党側に苦言を呈していましたが、続けて発言した公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は「国連の責任を持っている部署の責任者はテロ等準備罪法案の衆議院通過を歓迎している」とした上で、ケナタッチ氏への報告書は「野党の反対意見だけで事実誤認もたくさんあると聞いている」と自民党を援護射撃。

玉木議員へは共産党の小池晃書記局長が日本政府が回答すらしていないとして「砂かけ論を言っちゃいけない」と擁護していましたが、玉木議員は納得できなかったようです。

その後時間が経ってから再度、「話を戻しますけどね」としてケナタッチ氏の件を持ち出すと「いつ、正式の法案の英訳を国連に届けますか?答えて頂けますか?」と迫り、アナから話題を変えられていました。

小池書記局長の「水掛け論」ならぬ「砂かけ論」への注目も集まりそうではありますが、東大からハーバード大学大学院に留学するなどエリート街道を歩んできた玉木議員が、国連特別報告者を論じるに当たって「叙勲」を持ち出す価値観が際立ったやり取りだったと言えそうです。

各党の主な発言

下村「それから国連が反対しているようなことも言われましたが、カンナタチさんていうのは、これ国連と関係ない個人の専門家の意見ですから、その日本でもね、いろんな意見があるように、そりゃ国際社会でもいろんな意見があるけど、そのひとりの意見だけでね、いかにも国連そのものが反対してるかのような言い方については十分気をつけて頂きたいと思う」

アナ「民進党玉木さん、国連の特別報告者の問題も今、反論が出ました」

玉木「まずですね、これ国連の条約を批准することが立法事実なのに、その国連の専門家からですね、欠陥法案という非常に厳しい批判を頂いて、それに対してまともな反論も出来ていない中でですね、強行して通そうなんてことはあってはならないと思いますよ?で、その特に国連の、この特別報告者について、なんか個人の資格でね、やってるって言うんですけどこれ、英語で言うとIndependent、Specialist that is independentってちゃんと言われていて、つまり独立した専門家なんです。スペシャリストなんです。ちなみにですね、北朝鮮の人権特別報告者、マルズキさんていらっしゃいますけど、これは日本政府この春、旭日大綬章出してますよ。だから都合のいい所だけですね褒め称えて都合の悪いところは個人でやってるっていうのは私はですねぇ、これは非常にいかがかなぁと思いますね」

斉藤「国連の正式な表明は、あの、責任を持っている部署は国連薬物犯罪事務所UNODCで、このフェドートフ事務局長は、この今回テロ等準備罪法案が衆議院を通過したことについて、この締結に必要な国内法整備であることを踏まえて条約の締結に向けた日本政府の前進を歓迎すると、こうようにもうけております。責任ある立場の人はそうおっしゃってるんです。で、今回のこのKさんという人は、日本政府が説明しようにも説明を受けてくれない、そしてそこに上がっている報告書は、まさに野党の皆さんの反対意見の報告書だけ、ですから事実誤認もたくさんあると、こういうふうに聞いてます。

小池「あのね、だって日本政府は、ケナタッチ氏から法案のね、英文求められてるのにそれ提出すらしてないんですよ。でね、それだけ堂々と、国連が認めてると仰るんだったらなんでケナタッチさんに回答しないんですか。『日本政府として速やかにご説明する用意がある』ということを伝えておきながら、国会審議中にね、その回答を示せと我々が迫っても、回答すら示さないんですよ!こんなね、国際社会、国連のね、独立報告者ってのは私人ではないですよ。国連の人権理事会が任命してるわけですよ。それを日本政府は支持してきたわけですよ。それをね、砂かけ論を言っちゃいかん」

下村「そもそね、国連人権理事会で個人の専門家として任命されてる。しかしこういう人は80人もいるんですよ。で過去ね、過去例えば日本の女子学生の援助交際が13%いるとかね、そういうふうな国連ではない個人の人達が日本の状況を正確に把握しないで発言したりレポート出してる方も多い。この中でカンナタチさんも実際に政府との接点、自分が文書出したんだから早く出せってこと自体いかがなものかと思います」

アナ「対立線は明確に見えてきました。ここはちょっとこの場でこれ以上はとりあえず改めてということで(以下略)」

(中略)

玉木「話を戻しますけどもね、国連の専門報告者のケナタッチ氏からですね、全くの欠陥法案だと言われてます。彼はですね、きちんとですね自分の反論が不正確だと言うんだったら公開の場で喜んで撤回するから法案の公式の英訳を早く出してくれと言われてるんです。これ政府作ってますか?いつ、正式の法案の英訳を国連に届けますか?答えて頂けますか?」
 

テロ等準備罪への「ケナタッチ批判」日本は考慮すべき?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

関連URL:【産経ニュース】北朝鮮の拉致、人権問題解決へ尽力 2氏に旭日重光章

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党は政党交付金を返納すべきだと思いますか?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP