170612-006suga

女性記者が会見で3度目の「活躍」今回は東京新聞なのに「差別用語的使用控えて」と注意受ける

LINEで送る
Pocket

 
6月に入ってから菅官房長官の記者会見でにわかに存在感を増している女性記者が6月12日午後の会見でも質問を連発し、勢い余って不適切な言い回しをしてしまったために東京新聞であるにも関わらずスタッフから「差別用語的な使用は控えるように」と注意されてしまう一幕がありました(画像は長い質問に思わず笑う菅官房長官。政府インターネットテレビより)。
 

この女性記者は6月6日の菅官房長官会見で「官房長官自身も出会い系バーに足を運んで実情を知るべきではないのか」などと求め一躍脚光を浴び(関連記事参照)、続いて6月8日の会見では「質問は簡潔に」と度々アナウンスされた上、同趣旨の質問を繰り返さないようにと注意されると「きちんとした回答を頂けてると思わないので繰り返し聞いています」と「逆ギレ」。

毎回話題を作るこの女性記者が、6月12日の会見でもその特徴的な内容から再び話題になりそうです。

今回は10回以上の質問を4度のブロックにわけて行なっていましたが、序盤・中盤では加計学園に関連した文書の調査について文科省だけでなく内閣府でも行なうべきではないのかと菅官房長官に対し執拗に迫っていました。

ここで「質問は簡潔にお願い致します」と最初のアナウンスが流れますが女性記者は質問を止めようとはせず、安倍首相が徹底調査すると明言したのだから内閣府でも行なって欲しいと質問なのか要望なのか判断しづらい発言を菅官房長官にぶつけます。しかし、勢い余ったためかその中に「片手落ち」という表現が含まれてしまっていたのです。

記者「安倍首相が徹底調査をすると強く明言されていました。これ、国家戦略特区の問題なんですね?文科省の問題ではありません。これ、安倍首相がこのように強く言ったからには、国家戦略特区の中で加計学園がどういう経過を経て議論に至って今に至るのかを精査するには、文科省だけでは片手落ちだと思います。安倍首相のお言葉にも沿う形でいるならば、内閣府の聞き取り調査を山本大臣に指示して頂いて、一緒に行って頂きたいと思うんですが、いかがですか」

菅「(不快そうに)ですから大臣の言われたとおりです」

このやり取りの後、別の社の記者が菅官房長官に質問を投げかけていましたが、数分後に再び菅官房長官が東京新聞の女性記者を手で指名するポーズを示すと、すかさずこんなアナウンスが。

アナウンス「質問は簡潔に、それから差別用語的な使用はお控え頂くようお願いします」

どうやら「片手落ち」という表現を指していたようですが、数分間経ってから女性記者の発言前に発せられた警告は東京新聞が「マークされている」印象を与えていたと言えそうです。アナウンスに対し女性記者は一応謝罪していましたが気にした様子はありません。

記者「すいません。えーと、官房長官がご指摘されていた怪文書という8枚の文書についてです。(以下略)」

その後、読売新聞の「出会い系バー通い」報道に話を移した記者は政府が問題の記事への関与を認めていないにも関わらずまるで政府が読売新聞に記事を書かせたかのような口ぶりで読売新聞社内が現在疲弊していると語り「体よく政権に利用された形になってしまったのではないか」「萎縮していると感じる」と主観を交えると「このことについてご見解をお聞き出来ますか?」。

菅官房長官は「私が答える立場にはありません」とあっさりと返すにとどめていましたが、ここでも長々と語っていたため「簡潔にお願いします」と3度目の注意を受けていました(上記の画像は質問中に笑顔になる菅官房長官)。
 

菅官房長官の記者会見で何度も注意される女性記者は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党はどうすべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP