170613-006mayama

民進党の問責決議案提出に質疑中断された維新・東徹議員が怒り露わに「人の道に外れる行為だ」

LINEで送る
Pocket

 
6月13日の参議院法務委員会で民進党が金田法相の問責決議案を維新の議員による質疑を遮る形で提出、「あまりに酷い」と批判が殺到しています。(画像は問責決議案が提出された際。参議院より)

維新・東徹議員が早速怒りのツイート連投

法務委員会では日本維新の会・東徹議員がテロ等準備罪法案について質疑を行なっていましたが、民進党が非難されているのは東議員が発言を開始してから1分近く経過した段階で金田法相の問責決議案を提出、完全に質疑を妨害する形で委員会の中断に至ったためです。

東議員がまさに発言している最中、「すいません、えー、金田大臣の、問責決議案を、提出させて頂きました」の声。驚いて委員長席の方を向く東議員は「ちょっと待って下さいよ。今質問してるところですけど」と不快感を露わにし、一気に緊張が走ります。

委員長は問責決議案を提出した民進党の真山勇一議員に対し「後から・・・」と東議員の質疑終了後にするよう促し「東先生続けて下さい」と一度は質疑を続行する姿勢を見せましたが、周囲から様々な声が飛び結局そのまま委員会は中断され、そのまま再開されることはありませんでした。

真山勇一議員は「東徹議員には申し訳ないことになったが」と釈明ツイートを流しています。

真山「金田勝年法相の問責決議案を提出。参院法務委の審議はストップ。質問中の東徹議員には申し訳ないことになりましたが、問責が出されたことを委員長に伝えるのが私の役目でした。まず内閣委で与党が強行採決を試み、また法務委でも採決の動議を出す可能性が高まったため党執行部が判断しました。」

しかし東徹議員はこれに先立つTwitterで怒りを隠そうとしていません。

東「国会でこんな理不尽な目に遭ったのは初めてです。法務委員会でテロ等準備罪の審議で今日は採決するべきではない、充実した審議をすべきと賛同していたのに、私が質疑しだすと民進党が大臣の問責決議案を提出したと言い出し、質疑が止められた。しかも不意打ちの質問権剥奪行為は、断じて許せません。」

東「民進党と共産等だけが質問しておいて日本維新の会の私が質問しだすと大臣の問責決議案を出して質疑が止められた。こんな理不尽なやり方はありません。自分達以外の質問権を奪い、審議をさせない手法には怒りばかりが込み上げてくる。」

東「民進党に言いたい、こんなことをしてどうやって審議が深まるのですか?充実した審議を望むといつも言っているには嘘だと言うことがはっきりした。政治家である前に人の道に外れる行為だ。怒りだけが込み上げてくる。」

東「誰がどう考えてもこのやり方は理不尽極まりありません。今日の採決はありません。それなのに民進党と共産党が質問して日本維新の会の私が質問しだすと問責決議案だと言って質疑をさせない。傍若無人、支離滅裂、自分勝手なやり方は許せません。」

今回民進党が日本維新の会議員の質疑を敢えて妨害するかのような形で問責決議案を提出した理由は不明ですが、維新への意趣返しという意味が含まれていたのではないかとの憶測も流れています。というのも5月19日に衆議院の法務委員会でテロ等準備罪法案が強行採決された際、採決の口火を切ったのが維新の丸山穂高議員だったためです(関連記事参照)。

「委員長!土屋理事、もういいでしょう!これまでもう30時間以上、質疑してきました。」という丸山議員の発言をきっかけに自民党議員が採決の動議を出したという「因縁」が今回のタイミングに影響しているのではないかと考える人が少なないということですが、金田法相の問責決議案提出について丸山議員は「もういいでしょう」のフレーズを使ってツイートしています。

丸山「丸山穂高です。審議不十分といいながらまた民進共産が審議を止める茶番劇。もういいでしょう。政権時に逆に24回も「強行採決」した民進はそこから何も学ばず。これで明日以降本会議で大臣問責決議案否決、残り日程は最終カードの衆院内閣不信任まで→否決&参院法案採決を見据えたほぼ詰将棋状態に。」

民進党に対しては多くの人が厳しいコメントを寄せています。

「これは酷すぎだろ何考えてんだ民進党は」
「汚い手を使うな民進党は。本当にキライだわ」
「強行採決に持ってった維新にやり返したつもりかよ」
「維新の質疑中に出すとか悪質すぎる」
「これで維新全体が民進と敵対すればいい」
「民進党大炎上待ったなし。どーすんの蓮舫」
「民進の連中って国民の目を本当に気にしてないんだな」
「自民党は同じことを民進党にやり返してやれ」
「もうこんなクズ政党気にしないでさっさと採決しちまえよ」
「民進党なんて日本にいらねーからさっさと解党しろ」
「この暴挙をテレビと新聞がどう報じるか楽しみ」

問責決議案提出の際の様子

東「日本維新の会、東徹でございます。今日はあの、10時から参考人質疑が行われました。まぁ2時間半という参考人質疑でありましたけれど、まぁ非常に、大変貴重なご意見を頂いたのかなぁというふうに思っておりますし、今日はまた午後からは、このように委員会がですね、開かれてることに率直に評価をさせて頂きたいというふうに思っております。

で、えー、前回あの質問させて頂きました。今回テロ等準備罪ということでテロに注目をしてですね質疑が行われておりますけれども、今よく頻繁にですね、えー犯罪が行われてる特殊詐欺。言ってみれば振り込め詐欺とかですね、それから還付金詐欺とかいうのがあります。

これあの、年間の被害額が400億円。しかも、えー被害にあわれてる方っていうのは(東議員、委員長席の方を向く)」

画面外から声「すいません。えー、金田大臣の、問責決議案を、提出させて頂きました」

東「ちょっと待って下さいよ。今僕質問してるところですけど」

(緊迫した雰囲気)

東「ちょっと待って下さい。今質問してるとこですよ」

委員長「(民進党議員に)後から・・・」

東「いや、質問中にそういうのはちょっと失礼じゃないですか」

(周囲から様々な声)

委員長「どうぞ、東先生続けて下さい」

東「(周囲に答える形で)いやいや、それはダメです」

委員長「(民進党議員に)これ終わってから確認します」

真山「はい、わかりました」

委員長「東先生続けて下さい」

東「(納得できない様子で)あの、質問続けさせて頂きますけれどもよろしいですか?」

(周囲から様々な声が飛び交う)

委員長「速記を止めて下さい」

(議事中断)

委員長「暫時休憩いたします」
 

民進党による金田法相問責決議案提出のタイミングは

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

関連URL:Twitter Twitter Twitter Twitter Twitter Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

北朝鮮の漂着船乗組員への対応は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP