170616-002suga

話題の女性記者、菅官房長官に「怪文書」発言の撤回求めまた注意受ける「簡潔にお願いします」

LINEで送る
Pocket

 
菅官房長官の記者会見で何度も話題になっている東京新聞の女性記者が、6月16日午前の会見では「怪文書」発言を撤回するように迫り、菅官房長官が現在はそうした認識は持っていない、と説明する場面がありました(画像は政府インターネットテレビより)。

「怪文書発言は撤回すべきだと思うんですが」

この女性記者は今回も何度かに分けて複数の質問を菅官房長官にぶつけていましたが、加計学園問題で以前、菅官房長官が「怪文書」という表現を用いていた点について、6月15日の会見ではこれを「撤回しなかった」とメディアが報じていました。

するとこの女性記者は「あとですね、怪文書。昨日撤回されておりません」と話し始めると、「発言は撤回すべきだと思うんですが如何でしょうか」と菅官房長官に対し「怪文書」という言葉を取り消すよう要求。

菅官房長官は自分については全く事実と関係ないことであった上に、担当が異なっている補佐官に関する無関係の内容も含まれていた。さらに大臣、副大臣、政務官に確認してもわからないということだったので当時、不可解な文書であるとして怪文書と表現したのは問題なかったとの見解を示します。

しかし記者は納得せず、菅官房長官の発言によって調査が長引いてしまった点は否めない上に、文科省から文書が出てきた以上「やはりこれは発言は撤回するべきではないか」と再度迫っていました。

菅官房長官も再び同じことを説明しますがそれでも「えーとですねお話すごくわかるんですけど」とは言いながらも記者は譲ろうとしません。今度は前川前文科次官が実名告発に動いた理由の一つに怪文書、という表現があったと思うと指摘、文書の趣旨を全体で捉えれば行政の歪みを正すべきだと伝えるためだったという点を踏まえ証拠として出てきたものをどう受け止められるか、と求めます。

結局、菅官房長官は「私自身は当時の状況とは違ってきていると思っている」という形で現在は怪文書であるとの認識は持っていないという認識を示していました。

毎回、複数回アナウンスで注意が飛ぶこの記者ですが、今回は質問の途中で「簡潔にお願いします」とされていた他、このやり取りが終わったタイミングで「よろしいですか?」と確認されるなど、要注意扱いのように見えるシーンも散見されていました。

週刊新潮の最新号見出しには「疑惑追及女性記者の身辺調査を指示した官邸の強権」というタイトルの記事も含まれており、菅官房長官vs女性記者への関心度はまだ当面続きそうです。

菅官房長官と記者の発言

記者「あとですね、怪文書。昨日撤回されておりません。えーとこれ大臣、副大臣、政務官等々から確認出来なかったので当時の状況では、怪文書と捉えたと。それは確かによくわかるんですが、これ現状ですね、昨日19枚のうち14枚が文書としてあったということがわかりました。これやはり発言は撤回すべきだと思うんですが如何でしょうか

菅「まず私これ何っ回も申し上げてますけど当初新聞報道があってですね、17日の時点ではですね、出所や信ぴょう性もよくわからない文書でありました。その文書の中で私に関するところがあったんです。私のことについては全く事実と関係ないことでした。そしてまた私の補佐官、補佐官のことも含まれてました。私の補佐官は担当が観光とか、えーそういう担当してましたんで、これも全く関係のないことでありました。まぁそういう中でまた、大臣・副大臣・政務官にこれ見てるかということを事務方から確認、それも全く無いということでありましたので、私は、不可解な文書である。そういうふうにあの時点においては申しあげたところであります」

記者「昨日のお話では補佐官、自分についての言及ということなんですが8枚の文書にその表記なかったと思うんですがそれは前川さんの、和泉補佐官等の発言についてのことを御指摘されて・・・」

菅「(話を遮って)よくわかりませんけど確か8枚出てきた中にありました」

記者「そこに菅さんの関連の表記がありました?」

菅「はい。はい。で私はそれ全く、あの承知してないことでありましたし、私と補佐官は全然担当が違いますから、」

記者「なるほど、ただ昨日出た文書については実際まぁ文書としてあったということなんですね。その一部についてそれは怪文書だという認識を持ったということならまだわかるんですけど、あれやはりあの当時、官房長官がああいう発言をしたことでやはり調査が長引いたことは否めないと思うんですね。その点は昨日ちょっと謝罪のようなお話も出てたと思うんですが、現状やはりこれが怪文書では、まぁ5枚は確認できてなかったけど14枚は出てきたので、なかったということを踏まえて、やはりこれは発言は撤回するべきではないかというのはどうでしょう

菅「あの私が申しあげたのは今申し上げましたように、大臣も副大臣も政務官も知らない文書。で私のことについては全くなかったことです。そして私の補佐官の名前も出てましたんで、補佐官について私はさっき言いましたけど担当が違いますから。それも違いました。ですから出所がわからずに、その信ぴょう性もよくわからない文書であるというふうに思いましたので、不可解な文書であるという認識を実は致しました。」

記者「えーとですねあのお話すごくわかるんですけど、あの文書が全体として伝えたいことはですねおわかりになってると思うんですけど、この加計学園が認められるまでの経緯が不正に歪められたのではないかと。そのことをあの全体の文書としてはまぁ示して、その後、あれが怪文書だということを受けて前川さんが実名告発で動いたと思われるんですね。その流れを見ますとまぁ自分についての表記がおかしいということはひとつ、当てはまらないので怪文書と言ってしまったのはわかるんですけど、あの全体の文書の趣旨としてはですねぇ、これやはりはじめから加計ありきではないかと、そこをやはりもう一度あの、つまびらかにしてこの決まった過程をね、明らかにして行政の歪みがあれば正して欲しいと、そういうことを伝えるための文書だったと・・・」

アナウンス「簡潔にお願いします」

記者「すいません。なのでその点をですね踏まえて、やはりこの怪文書というこの、単純に個人攻撃をしたいわけではないと思うんですね。でここの行政が歪められてたか否かの告発、まぁひとつの証拠として出てきたものをどう受け止められて昨日の開示を受けてどう感じてられるかというお話・・・」

菅「(話を遮って)ですから私、あの17日の時点では、そういうことを明確に申し上げました。あの、大臣・副大臣・政務官知らない文書ですから。そして私の部分も違ってるわけですから。極めてあの、不可解な文書であるという認識をしまして、えー発言をしました。しかし、私にとってみればですね、そうした理由が、説明が抜けちゃって、怪文書と言うですね、言葉だけが独り歩きしてて、そこは極めて残念であるということを昨日申し上げました。また、現在の認識としてはですね、今回の追加調査の結果、今、全てじゃないですけど複数が所在するということでありますから、私自身はあの、当時の状況とは違ってきてるというふうには思ってます

記者「当時の状況とは違ってというとやはりこういう文書の存在を含めてきちんと検討をして実際行政がきちんとした手続きを得られたかをつまりチェックをしたいというふうに受け止められたということなのか否かなんですけれども」

菅「いやあの、当然今、総理が徹底して調査するようにという指示がありましたので、そこに基づいて文科大臣がですね、あのような形で昨日発表されたことじゃないでしょうか。そうした中でしっかり行なっていくというのはことはやはり政権の役割だというふうに思ってます」

アナウンス「よろしいですか?」
 

菅官房長官が加計学園問題で「怪文書」という言葉を使っていたのは撤回すべき?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。


本日のオススメ

最新の調査

東京8区の有権者だったらどちらに投票する?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP