170617-003takagi

維新・高木かおり議員「加計学園問題の文書が民進党やマスコミに渡った経緯調査すべき」国会で

LINEで送る
Pocket

 
6月16日の参議院予算委員会において、日本維新の会・高木かおり議員が加計学園問題における文書が民進党やマスコミに渡った経緯をきちんと調査すべきだと指摘し、政府にこれを求める場面がありました(画像は参議院より)。

高木かおり議員「文書が民進党やマスコミに渡った経緯調べるべき」

高木議員は今国会が公文書に注目が集まった「公文書国会」と言えるものだ、と指摘。その理由として南スーダンへの陸上自衛隊PKO派遣部隊の日報問題、財務省による国有地売却交渉記録の破棄問題、国家戦略特区における獣医学部新設の経緯に係る政府の内部文書問題を挙げていました。

そして関連した質問を菅官房長官や松野文科相、山本大臣に投げかけ、安倍首相に対し公文書管理制度のあり方についての考え方を尋ねた後に問題の場面が訪れますが、高木議員は冒頭から民進党をこのように厳しく批判していました。

高木「本来ならば国会は、そのような有意義な議論がなされる場である筈です。ところが今、国会では本当にそのような国民の期待を裏切っていないでしょうか。2日前の法務委員会での審議打ち切りは、言論の府である国会とは言えない暴挙であるとして、改めてこの場で抗議したいと思います(ヤジ「その通りだ!」)」

安倍首相が公文書管理制度についての考え方を示す答弁を終えると高木議員は加計学園問題に触れ、「民進党は総理のご意向、官邸の最高レベルといった発言を問題視しているがまず議論せねばならないのはなぜ文書が民進党やマスコミの元に渡ったのかということだ」として、菅官房長官に対し「外に出てしまった経過をきちんと調査することが大変重要であり対処すべきだと考えるがどうか」と質問。

これには菅官房長官ではなく松野文科相が答弁に立ち、現在のところ外部に流出した経緯は確認されていないが、個別に精査して適切に判断すると述べ、今後の展開次第では文書が民進党やマスコミに渡った経緯に対し何らかの対応をする可能性への含みを残していました。

高木かおり議員と松野文科相の発言

高木「今のご答弁も踏まえまして、昨日の文科省発表に戻りますが、民進党の方々はやはりこうした発言、いわゆる総理のご意向、官邸の最高レベル、こうした発言があったというところを問題にされておられます。

しかしながらまず議論しなければならないのは、なぜその文書が民進党やマスコミの元に渡ったのかということではないでしょうか。(ヤジ増加)

本来、省内で保管されるべき文書が外に出てしまっている。これを公益通報と捉えるか、情報漏えいと捉えるかは議論の余地のあるところかと思いますが、外に出てしまった経過をきちんと調査することは大変重要かと思います。その上で、対処すべきと考えますが、この点について菅官房長官のお考えをお聞かせ下さい」

委員長「松野文科大臣」

松野「えーお答え致します。現在までの調査等々によりまして、この文科省にある同種、同内容の文書がですね、どういった経緯で今外部にあるかと言うことに関しては確認をされておりません。あの、文部科学省の職員がですね、この文書について外に持ち出したという事実関係がですね確認されていない状況の中においてですね、仮定についてお話をすることは差し控えさせて頂きたいと思いますが、その中にあって仮に御指摘のような状況が、事実が判明をした場合にはですね、これはあの一概にくくれるものではございませんので、個別の状況、目的、そういったものを精査をして適切に判断すべきものであると考えております
 

加計学園問題の文書が民進党やマスコミに流れた経緯の調査は必要だと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党は政党交付金を返納すべきだと思いますか?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP