170618-002renho

「オープンにするのやめて」父の日エピソード公開に注文付けた夫に蓮舫代表「は?」「なにか?」

LINEで送る
Pocket

 
民進党の蓮舫代表が6月18日の父の日の朝、Facebook上で夫と「微笑ましいやり取り」を展開していました(画像は蓮舫代表の公式サイトより)。

蓮舫代表は6月18日の朝、自身のFacebookにこう投稿。

蓮舫「父の日なのに。昨日、泥酔でご機嫌で帰ってきたことを娘から激しく、それは激しく朝から怒られてた村田であった。」

すると夫の村田信之氏が約30分後、コメント欄に「こういうことをオープンにするのはやめていただきたいです」と「苦言」。

村田「こういうことをオープンにですね、オープンにするのはやめていただきたいです。」

これで終わっていれば仲のいい夫婦の会話という風情でしたが、蓮舫代表の「真骨頂」は村田氏の「苦言」に対しその後2度もコメントしていた点に表れていたと言えそうです。村田氏の書き込みに対し蓮舫代表は2回に分けて再度書き込み。

蓮舫「は?」

蓮舫「なにか?」

蓮舫代表や村田氏を知る人々、また蓮舫代表や民進党の支持者らしき人々からは「ご家族の中の良い証拠」「親近感湧きます」といったポジティブな感想が寄せられてはいますが、蓮舫代表一家といえば2016年11月にテレビ番組が家庭を取り上げた際に明らかにされた夫をペット以下に扱っている、というイメージ(関連記事参照)。

番組では蓮舫代表の娘さんが語る形で蓮舫一家のヒエラルキーがこう説明されていました。

アナ「(蓮舫氏の)お母様から見て家族のパワーバランス、ヒエラルキーはどういう順番ですか?」

娘「(祖母に説明)ママが一番上にいて、私と弟がいて、犬3匹いて、(手をずっと下げて)パパがこの辺」

祖母「ネコもいる」

(娘、手を上げてネコのポジションを指す)

(蓮舫爆笑)

それぞれの家庭でどのような人間関係が展開されようと他人が口を挟む筋合いはないとは言え、テレビで堂々と夫をこき下ろす様子が流れるのは不快だ、として蓮舫代表には批判が相次ぎましたが、今回のやり取りも当時を彷彿とさせると共に蓮舫代表の家庭内における立場の強さを再び印象づけるやり取りだったと言えそうです。

家庭では相変わらずの強さを誇っていることが示された蓮舫代表は、政治家としても強気を維持出来るのでしょうか。
 

家族からペット以下の扱いをされたらどうする?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

関連URL:Facebook

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

足立康史議員の一連の発言の中で、撤回すべきだと思うのはどれですか(複数回答)。

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP