170627-002asahi

慰安婦謝罪碑書き換え・出国禁止問題で朝日新聞の報道姿勢に厳しい目「頬かむりは許されない」

LINEで送る
Pocket

 
韓国で元自衛官の奥茂治氏が一時拘束され、その後出国禁止の措置が取られていると報じられた件について、朝日新聞の姿勢に対する批判が相次いでいます(画像はこの件を報じた朝日新聞の記事)。

これは6月26日に産経ニュースが伝えたもので、慰安婦問題における「吉田証言」が虚偽と判断され、朝日新聞が記事を取り消したことを受けて「間違いを正せるのは私しかいない」と考えた吉田清治氏の長男に相談された奥氏が韓国国内にある謝罪碑の碑文を書き換えたとして公用物損壊や不法侵入の疑いで捜査されている事件。

慰安婦問題に関する朝日新聞の報道が経緯に関わっていることから、産経は6月27日の「産経抄」でこう述べています。

産経「後に記事を取り消したとはいえ、謝罪碑のその後と奥氏の行動について、無関心ではいられないはずである。今後の報道ぶりに注目している。」

また産経の報道を受けて自民党の佐藤正久議員や山田宏議員はそれぞれ、Facebookでこう指摘しています。

佐藤「まだ朝日新聞はダンマリを決め込んでいるが、それは許されないのでは?」

山田「この問題について最も罪深い朝日が、頰かむりしているのは卑怯で許されない」

朝日新聞は6月27日に「韓国で邦人男性、一時拘束」という慰安婦問題や吉田証言といった背景に触れないタイトルでWebサイトに記事を掲載。

記事の末尾部分で「吉田清治」「慰安婦」また自社記事を取り消したことに触れてはいますが、少なくともWebサイト上では奥茂治氏の名前が含まれていない上に記事の文字数も産経の700字以上に対して400字程度と力を入れているとは思いづらい内容にとどまっています。

産経は冒頭の記事以外にも6月27日に奥氏のインタビュー記事を掲載するなど力を入れていますが、奥氏はその中で朝日新聞についてこう語っています。

奥「記事を取り消した朝日新聞が本来、韓国にもきちんと説明すべきだ」

この件について今後どのように掘り下げて報じるかは朝日新聞の企業体質を知る上でのまたとない機会となりそうです。
 

記事取り消し後、慰安婦問題についての朝日新聞の姿勢は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

関連URL:【産経ニュース】吉田清治氏の慰安婦謝罪碑書き換え 韓国警察が元自衛官の奥茂治氏を出国禁止 損壊容疑で取り調べ 【産経ニュース】【産経抄】「たった一人の謝罪」その後…朝日新聞も無関心ではいられないはず 6月27日 Facebook Facebook 【朝日新聞】韓国で邦人男性、一時拘束 【産経ニュース】「韓国人が嘘を知るきっかけに」 吉田清治氏謝罪碑書き換え、一時拘束の奥茂治氏インタビュー

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党は政党交付金を返納すべきだと思いますか?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP