170629-003suga

「噂や推測に基づく質問は失礼だ」「あり得ない!」菅官房長官が記者会見で声を荒げ怒り露わに

LINEで送る
Pocket

 
度々話題となっている東京新聞の女性記者について6月28日に産経ニュースが「菅官房長官が苦言を呈した」として記事を掲載しています(画像は政府インターネットテレビより)。

菅官房長官が声荒げる場面も

これは6月28日午前の記者会見で加計学園問題の追及を続けたこの女性記者に対し、菅官房長官が「事実かどうかまず確認した上で質問していただきたい」と求めた点を取り上げるとともに、菅官房長官が「質問を繰り返す記者に対し、相当の忍耐を強いられていたようだ」と記者に対し批判的なスタンスで報じているというもの。

記事に対しては6月29日午後までにFacebookで2,700回もの「いいね!」がつけられるなど反響を呼んでいますが、この時の記者会見では他にもアナウンスで複数回「社名と氏名をお願いします」「簡潔にお願いします」などと注意を受けていました。

また、問題のシーンで菅官房長官が記者に対し「事実かどうか確認して質問して」と訴えていたのは1回だけではありません。短時間にこれだけの回数、繰り返していたのです。

菅「あの総理そんな発言されてるんでしょうか。事実関係を明らかにした上で質問して欲しいと思います」

菅「ですから事実かどうかというのをまず確認した上で質問して頂きたいと思います」

菅「安倍総理じゃなくてそう言われた人に、確認されるべきじゃないですか?確かな根拠に基づいて質問して欲しいと思います」

菅「まずムカついて発言をしたなんて事実が、確認した上で質問して下さいよ。やはり事実に基づいて記者会見ていうのは質問すべきことだというふうに思います。」

菅「しっかり国会で説明してます。疑惑が見えますとかそういう根拠の(ない)中で発言は、質問はすべきじゃないと思いますよ。どこがどうかということを明確に示した上で発言すべきだと思いますよ?記者会見ですから。」

そしてこの流れは6月29日午前の会見でも変わることはありませんでした。元TBS支局長だった男性の準強姦疑惑に関連した質問をぶつけた記者は逮捕を取りやめる決定をしたとされる当時の刑事部長を菅官房長官が「将来的に警察庁長官を考えている」とマスコミ関係者から聞いたとする話を持ち出し、菅官房長官から「そういう憶測での質問は控えて欲しい」と眉をひそめられていました。

更に6月29日に週刊文春が報じた下村博文元文科相に関する記事を質問した際には「よく週刊誌の記事で質問されてますけど御自身で確認された上で質問されるべきじゃないでしょうか」と疑問を呈され、加計学園問題では「まずその発言が本当かどうか確認して下さいよ!」「人の噂だとか推測に基づいて会見で申し上げるのは失礼だと思いますよ!」と菅官房長官が声を荒げる場面も。

この記者はその後もこんなふうに菅官房長官を怒らせるほどで、マイペースを貫いていました。

菅「ですから誰がそんなことを言ってるんですか!?そういうことを言う人間じゃないですよ。まさに国益のために、全力で取り組んでる補佐官ですよ?それは具体的に、どなたがそういう発言をしたかということを事実に基づいて質問して下さいよ。あり得ない!」

ジャーナリストとして評価するという声もないわけではないこの記者のスタイルですが、現場では不快に思う記者もいるようです。6月29日の日刊ゲンダイでジャーナリストの高野孟氏がコラムで、全国紙のキャップが東京新聞のキャップに対し「二度と会見場に入れるな!」と怒鳴り上げたエピソードを明かしています。

6月29日午前の記者会見からの抜粋

記者「TBSの元支局長だった山口さんのですね準強姦疑惑に関連しての検察審査会で告訴した詩織さんのお話なんですが、このことでも中村格、当時の刑事部長、現警察庁組織対策部長ですね、まぁこの方の判断で当日の逮捕が取り止められたことはまぁ、事実として出ておりますが、この中村さんに関してなんですが、私が取材をしたマスコミ関係者の方にですね、菅官房長官が、将来的に警察庁長官を考えているというお話を聞きました(菅、笑い出す)(アナウンス「簡潔にお願いします」)」

菅「そういう憶測だとかですねぇ、そういうことについての質問は控えて欲しいと思います。ご本人の将来に関わることですよ?質問されるのであれば、確かな事実を元に質問するべきだというふうに思います

(中略)

記者「(週刊文春の下村博文元文科相の記事について)まだ読まれていないということなんですけれども、まぁ生々しくですね、これ帳簿が出てきております。で関係者等々この帳簿が下村議員のところで作られている帳簿であろうという証言もとっているようです。でまぁここの中身を見ますと、要は加計学園サイドがこの下村さんに非常にですね、奥様と一緒に接近をされている状況が生々しく出ています。これ今後もしこういうことが、事実であればですね、加計学園そのものが、今回獣医学部の学園が選ばれてますけど、やはり政府としてはですね、本当に適正かどうかをしっかりと再検討する、そういう意思はございませんか?」

菅「あの、よく週刊誌の記事でご質問されてますけど、御自身で確認された上で質問されるべきじゃないでしょうか。いずれにしろ、このことについては下村議員がしっかりと御自身で説明をされる。こういうふうに思ってます」

(中略)

記者「(加計学園問題で)和泉さんのお話をちょっと聞かせて頂きたいんですけど、昨日、新幹線会合やってること自体は、菅さんの命令でということをお認めしました。でその場にゼネコンはいないということでした。で、これ去年の4月の話ですけれども、新幹線受注に関して和泉さんがその場でですね、中国が積極的に相当な接待をやってると。俺らもしないでいいのかというお話、また菅さんが夕食会をやるがその時菅に何をを言わせればいいのかという発言が出ていたと聞いております。あのですね政府の首相補佐官がですね、接待を俺らもしないでいいのか、という発言をされている。こういうこと非常に問題じゃ・・・」

菅「(話を遮って)まず、その発言が本当かどうか確認して下さいよ!そんなこと一切、言う人間じゃありません!そんな、人の噂だとか、推測に基づいて会見で申し上げるのは失礼だと思いますよ?まさにこの提供インフラ会議というのは、これは私を議長に関係閣僚が構成員として、これは行っている会議で、ここにいる記者の方はその会議のある日誰が出席するか皆わかってるじゃないですか!冒頭全部写真を撮りますから。それは失礼だと思いますよ

(中略)

記者「えーこちらのシンガポールの話は結局交渉は出来ていないということだと思います。今のですね表でやっている議論と別に、何を具体化出来るかというところを和泉補佐官が各省庁、大使館の人を集めていろいろ取り仕切っている。こういう状況の中でのお話について私は聞いてるんですね。表立ってはそういう枠組みでやるということは政府は公表しております。ただ実働部隊として動く和泉さんが、現場でこのようなご発言が出ているというのを取材で聞いております。そのことに関してですね、こういうような接待をしなくていいのかという発言が出ること自体に、問題はないのかどうかということを私は聞いているんです」

菅「ですから誰がそんなことを言ってるんですか!?そういうことを言う人間じゃないですよ。まさに国益のために、全力で取り組んでる補佐官ですよ?それは具体的に、どなたがそういう発言をしたかということを事実に基づいて質問して下さいよ。あり得ない!
 

「事実かどうか確認してから質問して」東京新聞の女性記者に苦言呈した菅官房長官について

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

関連URL:【産経ニュース】菅義偉官房長官、東京新聞記者に「事実か確認して質問を」と苦言 【日刊ゲンダイ】読売新聞は権力に魂を売って官邸の下足番に成り下がった

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP