170712-005matsubara

民進党・松原仁議員が動画公開して党内対立に懸念示す「無理やり引きずり下ろすのではなく」

LINEで送る
Pocket

 
都議選での敗北を受けて東京都連会長を辞任する意向を示した民進党の松原仁議員が7月12日、自身のFacebookで動画を公開し民進党内の対立に警鐘を鳴らすかのような発言を明かしています(画像は動画より)。

松原議員は「東京都連会長辞職について」と題した3分弱の動画の中で「都議選で民進党は惨敗しました」「政権を奪還する政党としてはこれは惨敗」と敗北を認めると共に、責任論を巡って対立を深める党内を諌めるかのようにこう語っています。

「誰かを悪く言って、その人をその地位から無理やり引きずり下ろすということではなく、その立場にある人間が、それぞれ虚心坦懐に自らの部屋でまさに座禅を組むなりして瞑想してもいいんです。どうすればこの国を良くする政党に生まれ変われるのか。これを沈思黙考し、その上で自らの出処進退を判断する。これが大事だと思っております。」

松原議員はこれに則って東京都連の会長を辞した、とするとともに動画の後半では国家観に触れ、「この党に大きな運命の力があるならば、必ずよみがえるはずだと、このように信じております。よろしくお願いいたします。」と結んでいます。

民進党内では執行部の責任論を巡って蓮舫代表や野田幹事長を批判する声がある一方で、蓮舫代表の二重国籍問題における戸籍公開の賛否でも意見が分かれるなど対立が深まっていると見られていますが、松原議員の発言はいち早く責任を取る形で都連会長から退いた立場としてこれ以上の亀裂が生じないよう執行部、批判勢力双方に対し配慮を求めたと捉えることが出来そうです。
 

都議選での惨敗で民進党は今後どうなっていくと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

関連URL:Facebook

記事が面白かったら「いいね!」 



BuzzNews.JPは新着記事配信にご登録の上、当サイトにてお楽しみ下さい。


follow us in feedly


当サイトではコンテンツの無断転載・無断使用を固く禁じています。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

蓮舫代表が辞任した政局睨んで安倍首相はいつ解散すべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP