170713-004yunoki

「二重国籍問題は最大の障害」発言報じられていた民進党・柚木道義議員がFacebookで苦言「誤解を与える」

LINEで送る
Pocket

 
民進党が非公式で行なった国会議員会議の中で蓮舫代表の二重国籍問題について発言していたという柚木道義議員がFacebookで報道に苦言を呈し訂正説明を行なっています(画像は柚木議員の公式サイトより)。

これは民進党内の非公開会議における柚木議員の発言を報じていた産経ニュースの記事を事実上訂正する内容で、柚木議員は7月12日、Facebookで産経に対しまずこのように苦言を呈しています。

柚木「実際の私の発言内容を私自身に取材しないままに掲載しています。さらに、デリケートな事案だけに私も言葉を選び行った発言の実際の言葉、文脈にも触れられておらず、読者に誤解を与えるものと考えます。」

柚木議員が問題視した記事では、会議において「二重国籍問題が(党勢低迷の)最大の障害だ」と発言したとされていました。

今回のFacebookでは用意していたメモに従って再現するとして、蓮舫代表の二重国籍問題についてはこのように発言していた、と説明しています。

柚木「まず、蓮舫代表の国籍に関する問題で、これは私の地元岡山県では、自民党の参議院議員が書面を開示していることもあり、蓮舫代表がせっかく良い提案や予算委員会での追及などを行っても、有権者が聞く耳を持って頂きにくい点があります。大変もったいないことだとも思います。次期衆議院選挙に代表出馬の話も今日上がりましたが、それも含めていま自民党安倍政権に対して学校法人問題である国民のモヤモヤ感が蓮舫代表の国籍問題にもついてあるとすれば、そのモヤモヤ感をクリヤーにして頂くことが重要だと思われます。」

実際の発言がFacebookに記された通りであり、これと異なる形で記事に掲載されていたとすれば気の毒な立場の柚木議員ではありますが、蓮舫代表に戸籍を見せるよう求めていた今井雅人議員が「国籍のことを問題にしているのではない」と語ったことと合わせ(関連記事参照)、民進党内で蓮舫代表の二重国籍問題についてナーバスな反応が増えつつ有るとの印象を強めているようです。

戸籍の公開についてではなく「二重国籍問題が最大の障害」という表現であるにも関わらず「デリケートな事案だけに」と注釈をつけて真意の説明に及んだ柚木議員でしたが、逆に民進党内の緊張した空気を伝えることになってしまったのは否めません。
 

都議選後の民進党「内紛」はどう落着すると思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

関連URL:Facebook 【産経ニュース】「二重国籍」問題の民進・蓮舫代表が戸籍謄本開示へ「子供が成人したので、速やかに対応したい」

記事が面白かったら「いいね!」 



BuzzNews.JPは新着記事配信にご登録の上、当サイトにてお楽しみ下さい。


follow us in feedly


当サイトではコンテンツの無断転載・無断使用を固く禁じています。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

蓮舫代表が辞任した政局睨んで安倍首相はいつ解散すべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP