170713-006shiba

「会見にふさわしくない」「議事録から抹消する」記者発言に言い放った民進党の体質が浮き彫りに

LINEで送る
Pocket

 
7月13日の蓮舫代表による記者会見で、記者の発言を芝博一役員室長が「議事録から抹消する」と述べ、これに複数の記者が反発するという場面がありました(画像は民進党動画より)。

「議事録から抹消しますけどいいですね?」民進党が驚きの発言

これは残業代ゼロ法案についての連合の対応について記者が蓮舫代表に質問した際、連合の判断に疑問を持っている様子の記者が神津里季生会長について「人としてどうかな」「連合発足以来最低最悪の会長」などと表現したことに対し、芝役員室長がその後「会見の場でふさわしくない発言」と苦言を呈し「議事録から抹消しますけどいいですね?」と語ったというもの。

「議事録から抹消しますけどいいですね?」と念押しされた記者は「いや・・・」と抵抗しますが、芝役員室長は「公式の場だから」とそのまま押し切ろうとします。

すると数人の記者から不満らしき声があがり、芝役員室長は結局「後で話しましょう」とその場を収めようとしていました。

ところが別の記者が「発言がふさわしくないから抹消しますっていうのはどういうことでしょうか?」「抹消は好ましくない」と批判の声を挙げると、また別の記者も「非常に重要な問題」と指摘、言論の自由に反するのではないかと懸念を表明。

芝役員室長は「発言を制限してることは全然ございません」とフォローに努めましたが、会見場に緊張感が走ったためか蓮舫代表が「私達は情報公開、透明性を重んじている」「丁寧にやらせてください」などと説明する場面も見られていました。

冒頭で二重国籍問題に関する質問を禁止したばかりでなく、不適切だと判断した記者の発言までをも「抹消する」と言い放つ民進党の体質が浮き彫りになった蓮舫代表の会見だったと言えそうです。

会見でのやり取り

記者「(前略)手続きはどうであれ連合会長が修正に応じるってことは、成立に応じるってことで普通考えればそうなると思うんですね。そういったその国会内での闘争というのを、連合会長が後ろから鉄砲を撃つようなことをですね、任期間際にするっていうのは非常にちょっと、人としてどうかなと思うんです。連合発足以来最低最悪の会長ですよ?代表は立場でおっしゃれないですけど。(芝「質問だけにして下さい」)どう思われますか?」

蓮舫「はい、やはり残業代ゼロ法案というのは、我が国で働く労働者全員にかかってくる労働環境の変化がもたらされますので、その中身においてはより慎重に、なおかつ最大限の情報公開をしながら政府には丁寧な説明責任が求められるものと思っています。その部分では今回連合さんは政府との関係で様々なご提案をされると伺ってはおりますけれども、連合の中でも闊達な議論というのは封じられるものではないと思っていますので、そうした健全な議論を経て連合さんがどのような判断をするのかを私達が口を出す立場ではないと思います。ただ我々は公党として、その労働法制の中身が納得できるものなのかどうなのかはしっかりと独自の判断をするべきだと思っています」

芝「はい、ちょっといいですか?(記者に対して)今の発言の中でちょっと、あまり記者会見の場でふさわしくない発言がありました。そこは議事録から抹消しますけどいいですね?

記者「いや・・・」

芝「いや、あのぅ(記者何か言い続ける)いいですよ。これは我々としてもきちっとした公式の場ですから、・・・」

(数人の記者から声が出る)

芝「はいもう・・え?(記者「いやそれは・・・」)はいじゃあ後で話ししましょう。(次の記者を指して)はい、どうぞ」

記者B「えーと今、ふさわしくないから抹消しますっていうのはどういうことでしょうか。質問の・・・」

芝「(記者の発言を遮って)今言ったのは・・・」

記者B「わかります。どの字句がふさわしくなかったのか、僕はピンときますけれども、それでもやっぱり抹消するっていのは好ましくない

芝「決めましょってことで。後で。発信しますから全てにこの中身はね。質問側も答弁側も。(別の記者を指して)はい」

蓮舫「ちょっと丁寧にやらしてくださいそこは」

記者C「今の非常に重要な問題なので。記者会見の場で、記者が言ったことを、これ言論の自由ですからね?それに反することで(問題の発言は)評価の問題です。罵倒してる言葉じゃないです。確かによくないかもしれないけどこれは・・・」

芝「だから、後で発言者と相談させて下さい。」

記者C「いやあの、それは私は反対、ということは言わなきゃいけない」

芝「あとは判断は任せます」

蓮舫「あのひとつだけ。やっぱり私達は情報公開、透明性を重んじておりますので、中継をされていることもございますので、いろいろお思いのことはありますけれども、個人攻撃に当たるかのようなことは、なかなか私としても、それに対して直接お答えするのは難しいと思って、そこはご理解を下さい。そこは丁寧にやらせて下さい」

芝「発言を制限してることは全然ございません。考えはね。はい」

記者「ちょっといいですか?今代表は中継中にとおっしゃったんですよね。後の話は入らないんですか?いいですか?」

芝「ちょっ、ちょっと待って下さい。そこはまた・・・あと質問時間もある・・・」

記者「私の考えだって言った筈です。私はそう思うって多分言ってますから。それが・・・」

芝「それはいいですハイハイ。」
 

記者発言を議事録から抹消すると言い放った民進党の体質に問題有ると思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

関連URL:【YouTube】民進党・蓮舫代表定例会見 2017年7月13日

記事が面白かったら「いいね!」 



BuzzNews.JPは新着記事配信にご登録の上、当サイトにてお楽しみ下さい。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

前原民進党「次の内閣」に政権を担わせてみたい?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP