170726-001sakurai

大臣に「出て行けよ!」「時間の無駄だから出てくんなよ!」民進党の櫻井充議員の態度に批判殺到

LINEで送る
Pocket

 
7月25日の参議院予算委員会で山本担当大臣に対し「出て行け!」「時間の無駄だから出てくんなよ!」などと怒鳴り声を上げた民進党の桜井充議員に対し、批判が殺到しています。

大臣に「出て行けよ!」「時間の無駄だから出てくんなよ!」

桜井議員は加計学園問題に関連して安倍首相に答弁を求めていましたが、委員長が「まず担当大臣から」と判断したことから山本担当大臣が答弁に立つと「総理に聞いてる。いらない!出て行け!!出て行けよ!!」と激しい口調で閣僚に対し「出て行け」と発言。

山本大臣に続き安倍首相が答弁を終えたところで再び質疑に立った桜井議員は「山本大臣ってのはホントに質疑の妨害しかしないんですから、もう答弁立たないで下さいよ!」と不満を露わにしながらも質問を続けていましたが、その後同じ流れが再び訪れます。

「この点について総理いかがですか」と安倍首相に答弁を求めた所、委員長が山本大臣を答弁に指名したのです。再度の同じ展開に議場ではヤジが飛び交い、委員長席に向かう議員も出るなど一時騒然となりましたが、答弁に立った山本大臣が桜井議員に対しこんな皮肉とも取られかねない発言をしたことから収まりがつかなくなってしまいました。

山本「そういう細かいことを総理にお尋ねしても無理だと思います。それは私が担当してるわけでありまして、私に聞いて頂ければと思います」

桜井議員は「看過ならぬ言葉をおっしゃいましたからね」「小さなことってどういうことだよ!」「失礼だよ!!」「時間の無駄だから出てくんなよ!!」などと激昂。更に複数の議員が委員長席へ向かい議事は一時中断されていました。

再開後委員長は山本大臣に対し「表現には十分注意をしていただきたい」と苦言を呈し、再び桜井議員の質疑に戻っていましたが、多くの人は桜井議員の態度に強い不快感を持ったようで、同議員のTwitterには7月26日の朝までに800件以上のコメントが寄せられています。

その殆どが国会での態度に対する批判で、「酷い口の利き方だ」「なんだあの喧嘩腰はそれでも国会議員か」「さすが民進党の議員だな」「アンタなんか知らんけど随分と偉そうだったな」「国会で喧嘩腰とか笑い者だよ」「国民の代表としての自覚を持てないのか」といった厳しい反応が相次いでいます。

桜井議員は6月1日の内閣委員会でも国家戦略特区諮問会議について触れた際、舌打ちしたり山本大臣に対し「だから担当大臣でしょ?ちゃんと答えて下さいよ!」と声を荒げていた他、「こんな竹中平蔵ごときが決めたことなんですよ!?」と発言し、別の参議院議員からTwitterで品位に疑問を呈されていました(関連記事参照)。

櫻井充議員の発言

櫻井「つまりこのボーリングなんでやんなきゃいけないかっていうと平成30年4月に間に合わせるためには土地の調査から何から必要だから、まぁこういうことをやってるわけです。そして市の判断としては何かというとですね、内閣府の考えているスケジュール感に対応するためにと。全部こうやって書かれてるんですよ。ですから、内閣府が決めてなければ、ボーリング調査も出来ない筈なんです。要するに主導してきたのは内閣府ですよ総理。これが加計学園ありきと言われるですね、所以なんですよ。こういう資料を我々は提示してどうなんですかとお伺いしているんですが、明確な答弁を頂けてないんです。これについて我々だから加計ありきだと思うんですが総理この資料見てどう思われますか?(山本大臣の動きを見て?)総理に聞いてる。総理に聞いてる。(委員長「まず担当大臣・・・」)いらない!(指を差して)出て行け!!!(再び指を差して)出ていけよ!!!!

山本「あの、私共はですね、あのー、常にできるだけ早く(委員長席に議員詰めかけ。委員長「まずは担当大臣に」「静粛に願います!」)事業を実施し効果を検証したいと考えてるわけでありまして、そのことは常々そういうふうに申し上げております。それについては、それぞれがですね、私どもが言ってる、出来るだけ早くやってもらいたいということについて、それなりのシミュレーションをやっていくことだと思っております。しかし最終的に30年4月からというのはコメントとして出したということでありましてそれまでは一切どちらにも示しておりません」

安倍「私はですね、常々、岩盤規制改革をですね、進めていく上において、全体としてスピード感を持って進めていくようにですね、常々指示をしているわけであります。その上に立ってですね、えー山本大臣がですね、調整した結果ですね、文部科学省とも合意をして進めていったものだと、このように承知をしております」

櫻井「えーとですねぇ、山本大臣ってのはホントに質疑の妨害しかしないんですから、もう答弁立たないで下さいよ!それで、もうひとつですね申し上げときたいことがあります。このボーリング調査はですね、平成28年の10月31日に申請してるんです加計学園側から。そして、決裁が下りたのは10月31日その日なんです。だけど稟議書が回り始めた起案はですね、11月4日なんです。これ今治市でちゃんと全部情報公開してくれてるんですよ。つまり、急がなきゃいけないので、稟議書を回すのは後回し。とにかくなんでもいいから加計学園に言われたらやれと。もうひとつですね、加計ありきのことを証明しておきたいと思いますが、えー高圧充電設備という設備をですねぇ、まぁ使わなきゃいけないと。なぜかというとこれから大きな建物を作るからです。これもですねぇ、実は平成28年の12月の14日にですね、稟議書が回っているんですが、この際にですね、この高圧充電の仮申込書っていうのが、今治市から四国電力に行われているんですが、それは何故今治市からやっているのかというとですね、えー当学園が希望する電力量の供給におきまして、新たな配電経路の整備が必要なことからと、えー早急に高圧受電申込書の提出を求められておりますと。えー本当であれば、あのー本当であればですね、やらなきゃいけないんですがまだ認められてきていないと。そしてもうひとつここに書いてあるんですが、平成30年4月の開学に向けて、早急な対応が必要なことから、キシにより仮申込みを提出して頂きたく、下記の通り申し出致しますと。こう書いてある。つまりまだこの時点で加計と決まってないんです。加計で決まっていません。ボーリング調査ではありません。これは工事のための設備の準備をしてきている。こういうことまで行われてきてるから、加計学園ありきではないのかと我々は思ってるわけですよ。この点について総理いかがですか

委員長「山本担当大臣」

(激しいヤジ。委員長席に向かう議員も)

山本「そういう細かいことを総理にお尋ねしても無理だと思います。それは私が担当してるわけでありまして、私に聞いて頂ければと思います。あのー、ボーリング調査にしてもですね、えー、これはあの、今治市側でですね、そういう申し出があるところはどこでも認めるというふうに議会でも決めてやっているとお伺いしております。それから、その電気系統の話につきましては、それは今治市が判断しているし、それぞれオウンリスクでやっているのだと考えております」

櫻井「えーいま山本大臣!看過ならぬ言葉おっしゃいましたからね。(大きな声で)そんな小さなことってどういうことだよ!!(指を差して)ゆったよ今!!(指を差しながら)そんな小さなことは総理が答弁することじゃない、我々が調べたきたことに対してそういう失礼なこと言うのは(また指を差して)おかしなことじゃないか!!(強く激しい口調で大きな声で)失礼だよ!!!!!!いいから!もうあなたは答弁結構だ!!時間の無駄だ!!時間の無駄だから出てくんなよ!!!

(複数の議員が委員長席へ。議事中断)

委員長「山本大臣に申し上げます。表現には十分注意をして頂きたいと思います。櫻井充君」

櫻井「それではですねもうひとつ。まだまだあるんです実を言うとですね、(以下略)」
 

民進党・櫻井充議員は山本大臣に対する「出て行けよ!」発言を謝罪すべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

国内でフェイクニュース大賞を選ぶならどのメディア?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP