170827-002koike

【調査】関東大震災での朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文送付控えた小池都知事への支持・不支持について

LINEで送る
Pocket

 
関東大震災における朝鮮人犠牲者の追悼式に小池百合子都知事が追悼文送付を取りやめた件が話題になっています(画像は東京都より)。

小池都知事は8月25日の会見でこれについて質問されると、関東大震災で亡くなった全ての方への追悼として別の慰霊行事への出席を挙げ、「一般の震災犠牲者と虐殺された犠牲者の追悼は意味が違うのではないか」と問われると「いずれにしても不幸な死を遂げられた人に対する慰霊の気持ちに変わりはない」と答えていました。

また昨年まで追悼文を送付していたにも関わらず判断を変えた理由については「慣例的、事務的に繰り返し送ることもある」「去年は後で送付を知った」と昨年は自身の判断ではなかったとして「今回は私自身が判断したということ」と小池都知事自らの意思で追悼文を送付しないと決めた点に言及していました。

更に小池都知事は「背景など判断が必要なものについては私自身に確認するように伝えた」とも述べ、今後別の行事等への文面送付への影響も匂わせるなど、類似の事案がこれからも起こり得る可能性がありそうです。

都側のこうした対応については関東大震災で虐殺された朝鮮人を追悼する式典の主催者が抗議声明を発表していますが、小池都知事の対応を支持しますか、それとも支持しませんか。5段階でお答え下さい。

小池都知事記者会見における発言

記者「追悼文送付について歴代知事が送ってきたのに取りやめることについて」

小池「横網町公園での追悼行事に関してのご質問だと思いますけど、今年も私は3月にですね、関東大震災と都内の戦災遭難者慰霊大法要、9月にも行われるわけでございますけど、3月にはその大法要にも出席を致しております。で、その場で都知事として関東大震災で犠牲となられた全ての方々への追悼の意を表したところでございます。ということで全ての方々に対しましての慰霊を行っているということで今回、特だしの意味で行ったわけではございません。それに尽きます」

記者「一般の震災犠牲者と虐殺された犠牲者の追悼は意味が違うのではないかとの意見も出ているがどう考えるか」

小池「それぞれ主催をされる方々のお申し入れというのは切り口は異なっているかと思います。しかし、いずれにしても不幸な死を遂げられた人に対しての慰霊をする気持ちには変わりません。ということで3月とそれから9月、都知事として、また都として全ての方々への哀悼の意を表するということが大変意味の深いことだというふうに思っております」

記者「民族差別が背景にある不幸な悲劇について特別に追悼文を送ることについて何らかの特別な意味を見出さないか」

小池「民族差別という観点よりは災害で亡くなられた方々、災害の被害、様々な被害によって亡くなられた方々に対しての慰霊をしていくべきだというふうに思っております」

記者「去年も出されてるのに今回取りやめた判断の違いについての理由は。去年は判断を誤っていたということか」

小池「一言で申し上げますと、こういう追悼文であるとか様々なメッセージについては都知事自らが案文を考えたりするわけではなく、また、慣例的にそのまま事務的に繰り返し日付だけ変えて、かどうか知りませんけれども送られるということもあるようでございます。昨年は慣例的に、事務的にしていたということでございまして、後で私はそのことについてたまたま知ったということから今回は私自身が判断をしたということでございます」

記者「去年は送られたのを知らなかったということか」

小池「そのような文言、メッセージというのはあちこちからお申し出がございますので、知っているものと知らないものと、そして問題のあるものと問題のないものがあるかと思いますけれども、こういった背景等、判断が必要なものについてはきちんとそれ以降、私自身に確認を取るようにということを伝えたところでございます」

記者「追悼文を断られたことによって朝鮮人コミュニティの中では大震災の時に朝鮮人が殺害された事実が否定されたという受け止め、批判の声が出ているがどう思うか」

小池「様々な歴史的な認識があろうかと思っておりますが、この関東大震災という非常に大きな災害、そしてそれに続く様々な事情によって亡くなられた方々に対しての慰霊をする気持ちはこれは変わらないものでございます」
 

関東大震災での朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文送付を控えた小池都知事の判断を

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 


記事が面白かったら「いいね!」 



BuzzNews.JPは新着記事配信にご登録の上、当サイトにてお楽しみ下さい。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

公務の都合での菅官房長官記者会見時間の制限を

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP