170913-010suzuki

保守の二大政党作りの為に民進党離党の鈴木義弘議員が自民党との違い問われ「これから考える」

LINEで送る
Pocket

 
9月13日に民進党への離党届を提出した鈴木義弘衆議院議員が記者会見で離党に大きな影響を及ぼしたとみられる点に関する記者からの質問に「これから考える」などと答える場面がありました(画像は民進党プロフィールより)。

「保守の二大政党。自民党との違いは?」「これから考える」

鈴木議員は9月13日の午後に記者会見し、民進党を離党した理由や今後保守の二大政党を実現するために活動していく、と語っていました。

民進党に参加した経緯として既に離党した細野豪志議員から「保守の二大政党を作る手伝いをしてくれないか」と誘われたため、と語る鈴木議員は野党共闘が進むなど期待とは異なる方向に党が進んでいったこと、そして前原代表においても共産党との関係がリセットされないなど自身が考える政治のあり方との違いが積み重なってきたことが今回の離党の大きな要因、と説明。

そして保守についての概念を解説すると共に「保守の二大政党を作っていくのは今も変わらない気持ち」「保守系改革派を旗印にやってきた、保守とは何だともう一度問い返していきたい」と強調していました。

そうした中、記者が「保守の二大政党を作ると言っていたが自民党との違いは?」と質問すると鈴木議員は考え込む様子を見せながら「やっぱり日本を憧れる国にしていった方がいいんじゃないかと思うんですね」と述べ、かつてブラジルを訪れた際に日系人が勤勉でまじめだと現地で評価されている、そういう国でいいんじゃないかと思うんです、と答弁。

質問の答えになっていないことから記者が再度「自民党でも出来るんじゃないかと思わなくもない」「どう違うのか」「保守の新しい受け皿を作ることによって世界が憧れる日本が出来るのかわかりづらい」と尋ねると鈴木議員はなんと「そこのところはもう少し自分の考え方を整理していきたい」。

流石に記者も「これから?」と聞き直していましたが、鈴木議員は「あ、これからで」。会見の後半には細野議員が登場するなど茶番劇めいた一幕も見られていた会見ですが、新党立ち上げを見込んでいる細野・若狭両議員は所属議員の選択をよく考えたほうが良さそうです。

鈴木義弘議員の発言

記者「保守の二大政党を作るとおっしゃってましたけど、自民党との違い。政策、理念。鈴木さんがイメージしている自民党に対抗する保守の二大政党、もう一極はどういうものなんでしょうか

鈴木「(考え込む様子で)私はあんまり難しいことは言えないんですけど、ひとつはやっぱり日本て憧れる国にしてった方がいいんじゃないかと思うんですね。他の、まぁ国の人達から見た時。じゃあ憧れる国って何なのかって自分なりに考えた時に、10年前に県議会で15~16人でブラジルに行く機会があったんです。

私は埼玉の三郷市っていうところの出身なんですけど、そこからブラジルのサンパウロに、約50年ちょっと前にブラジルに行かれた方とお会いする機会があったんです。私もお世話になってる人の弟さんなんですね。向こうでご自分で商売されていて、その方と会った時にブラジル社会で日本人てのはどういう評価をされてるのかってお尋ねしたんです。

その時に、まぁ100年かかったんだと思います。先人の人達がまぁ築き上げてきた中で、ブラジル社会の中で日系人ていうのは勤勉でまじめだっていうふうに評価されてる。例えば車を買うのにローンを組まなくちゃいけない時に、たくさんの書類が必要な国の方もいれば、少ない書類で日系人の場合はローンを組ませてもらえる。それはやっぱり100年かけてきた先人の人の、勤勉でまじめだっていう評価の仕方ですね。やっぱりそういう国でいいんじゃないかと私は思うんです。」

記者「自民党でも出来るんじゃないかと思わなくもないんですが、そことどう違うのかという

鈴木「ん~だから、それがじゃあ自民党が・・・」

記者「保守の新しい受け皿を作ることによってじゃあそういう憧れる国、世界が憧れる国日本ができるのかどうかちょっとわかりづらいかなと思うんですけど」

鈴木「ん~だから、それがまあまあ上の方にあってですね、今お尋ねがあったから、そこのところはだから対比をするために、そこのところはもう少し自分の考え方を整理していきたいと思います。それでよろしいですか?」

記者「それはこれから?」

鈴木「あ、これからで。」
 

若狭議員と細野議員が新党を結成したら

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

足立康史議員の一連の発言の中で、撤回すべきだと思うのはどれですか(複数回答)。

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP