170924-003tamaki

新党連携に前のめりの玉木議員「民進党解党してひとつに」「小池出馬で大激変」「自公過半数割れも」

LINEで送る
Pocket

 
9月24日のフジテレビ系「新報道2001」に出演した民進党の玉木雄一郎前幹事長代理が、民進党を解党して「新党」と組むべき、とした上で小池都知事が知事を辞めて出馬すれば勢力図が大激動するなどと期待感たっぷりに語りましたが細野議員からは条件をつけられるなど距離を置かれていました。

この日は玉木議員の他、細野豪志元環境相や自民党・山本一太政調会長代理、中田宏前横浜市長、北川正恭早稲田大学名誉教授らが出演、いわゆる「小池新党」について議論を戦わせていました。

小池都知事が新党の代表となった場合には10議席前後ではないか、更に民進党との間で候補者調整が出来た場合には30議席程度にまで伸びるのではないか、といった意見が出される中、玉木議員に対し「前原代表は小池新党との連携に前向きな姿勢だと感じるが連携可能なのか」という質問が投げかけられます。

すると玉木議員は「民進党は今からでも解党して新しい新党と組むべき」「共産党以外の政党はひとつの党にまとまって選挙に臨むべき」と、民進党を解党した上での政界再編成を「持論」として提唱。

玉木議員は9月20日にも「共産党以外の野党は全部選挙の前に解党してひとつの政党にまとまった方がいい」と発言したと報じられていましたが、今回は小池都知事や若狭・細野両議員らが準備している新党も合わせた形で自公に対峙すべきだ、とまで踏み込んだ形であった点が注目されます。

続けて玉木議員は共産党以外の政党がまとまって新党と一つになれば自民党を過半数割れに追い込むことも十分可能、との見方を示しますが、「提案」はそれだけにとどまりません。

なんと小池都知事が知事を辞めて合併新党のトップになり出馬すれば、自公合わせても過半数割れなど「大激変すると思う」とまで述べ、新党ありきの政界再編成に強い期待感を示したのです。

しかし細野議員からは「大変思い切った発言だと思いますね」と一応の評価は得られながらも安全保障について「民進党が相当方針転換しないと」と距離を置かれ、自分達が選択肢を示すから「その上で民進党の中から解党論が出てくれば」「一緒にやれるメンバーと何らかの連携が出来るのであれば面白い」と条件をつけられてしまいます。

その後も「重要影響事態法には殆ど賛成ですよ」などとアピールした玉木議員でしたが、細野議員からは「それは政調会長だった私も法案に関わった」「ただし国会に出せなかった」「何故かと言うと共産党との共闘関係があったから。そこを乗り越えないと」と再び釘を差される形で、民進党にありながら新党の勢いに乗じて政権交代を果たしたいという玉木議員の前のめりな姿勢だけが浮き彫りになる形で終わっていました。
 

今度の衆院選で民進党・維新・小池新党の関係はどうなると思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

関連URL:【朝日新聞】民進・玉木氏「共産以外の野党は解党して一つに」

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党は政党交付金を返納すべきだと思いますか?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP