170929-007minshin

希望の党が「排除」鮮明にする中で民進党の役員や常任幹事による公認申請は妥当なのだろうか

LINEで送る
Pocket

 
民進党が希望の党への合流を巡り混乱を極めている。

9月28日の「プライムニュース」に出演していた細野豪志議員と民進党選対委員長代理・篠原孝議員の「合流」に関する認識に食い違いが見られていたとして話題となっている。理由の一つには全会一致で合流を決めたとされる9月28日の民進党両院議員総会で前原代表が「選別」に言及しなかったとされている点が影響しているようだ。

両院議員総会で「総選挙の対応について」として提案されていたのはこの3点。

一.今回の総選挙における民進党の公認内定は取り消す。
二.民進党の立候補予定者は「希望の党」に公認を申請することとし、「希望の党」との交渉及び当分の間の党務については代表に一任する。
三.民進党は今回の総選挙に候補者を擁立せず、「希望の党」を全力で支援する。

これによって民進党衆議院議員は民進党からの公認を取り消されてしまうことから、仮に希望の党から公認を受けられない場合には無所属もしくは別の政党からの出馬を迫られることになる。

そして、希望の党から公認を受けることの出来ない議員が出るだろうことは9月29日に小池都知事が「(リベラル系議員を)排除する」と明言していたことからも明らかだ。

こうした展開において民進党執行部の中から希望の党の公認を得る者が出た場合これは認容されるべきなのであろうか。

上記の3点を記した「総選挙の対応について」の文書は「民進党常任幹事会」の名前で発行されていた。民進党の役員一覧に依ると「常幹」を構成する役員はこれらである。

常任顧問 岡田克也
代表 前原誠司
代表代行 枝野幸男
副代表 近藤昭一 原口一博 渡辺周 平野博文 阿部知子 桜井充 神本美恵子 小林正夫 相原久美子
幹事長 大島敦
参議院議員会長 小川敏夫
参議院幹事長 小川勝也
参議院国会対策委員長 那谷屋正義
常任幹事会議長 高木義明
政務調査会長 階猛
選挙対策委員長 長妻昭
国会対策委員長 松野頼久
常任幹事(東北)升田世喜男
常任幹事(北陸信越)井出庸生
常任幹事(中国)石橋通宏
常任幹事(九州)野田国義
両院議員総会長 中川正春

民進党衆議院議員のうちひとりでも希望の党から公認を得られない議員が出た場合、名前を連ねている議員が責任を負う必要ははないのだろうか。

「希望の党との交渉は代表に一任する」とされていることから、直接的な責任は存しないのかもしれない。しかし、仮に企業に例えた場合、半ば吸収合併のような形で会社が事実上消滅する際に「全員受け入れられるから」といって説得しておきながら受け入れを拒否され路頭に迷う部下が出ているにも関わらずそれを尻目に取締役が相手先企業に移籍してしまうようなものだ。

小池都知事との直接交渉にあたっているのは確かに前原代表なのかもしれない。しかし、文書は常任幹事会の名前で出されているのである。常任幹事会では人数が多いというのなら、常任幹事会とは別の「役員会」を構成しているこれらの面々でも構わないかもしれない。

代表 前原誠司
代表代行 枝野幸男
幹事長 大島敦
参議院議員会長 小川敏夫
参議院幹事長 小川勝也
参議院国会対策委員長 那谷屋正義
政務調査会長 階猛
選挙対策委員長 長妻昭
国会対策委員長 松野頼久

前原誠司代表は無所属で出馬することを明らかにしているが、希望の党から全員が公認を受けられる見込みが薄れている現状、少なくともこれら役員は前原代表に準ずるべきではないのだろうか。

階猛政調会長は9月29日に更新したブログの中で「政権陥落後、約5年間続いた長く暗いトンネルの先にようやく希望の灯が見えてきました」と述べている。執行部に身を置きながら公認を得られない可能性のある議員が出ることへの懸念に言及することなくこうした期待感に満ち溢れた発言に及ぶ民進党の連中に矜持を求める方がどうかしているのかもしれないとも一方では思うのだが。
 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党は政党交付金を返納すべきだと思いますか?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP