171004-001otokita

離党報道の都ファ都議がブログで執行部に発言の撤回と訂正を要求「事実無根で悪質な印象操作」

LINEで送る
Pocket

 
都民ファーストの会から「離党へ」と10月3日に報じられていた音喜多駿都議が10月4日未明、「執行部の残念な対応について」と題したブログを公開し、都民ファーストの会側に発言を撤回・訂正するよう求めています。

小池百合子都知事への反発から都民ファーストの会離党を検討しているという音喜多都議は、自身の離党問題について執行部が「両氏が離党するのは、希望の党から衆院選挙の公認を取れなかったからではないか」「今日のタイミング(公認発表)で出たということは、それ以外に考えられない」などと語ったとしてこれを「事実無根」と否定、「悪質な印象操作」と批判しています。

その上で衆院選出馬へのオファーが希望の党側からだったこと、音喜多氏側から出馬を断ったという経緯があったと明かし、「事実を明白に捻じ曲げた臆測で印象操作をされることは、極めて残念でありません」と苦言を呈すとともに、党執行部に対し「ぜひ一連の発言については撤回・訂正をしていただくこと」を求めています。

小池都知事による国政進出への批判が根強い中、音喜多都議の発言に注目が集まるのは都民ファーストの会からの離脱が出始めたという点以外に、小池都知事への応援に最初に手を上げた都議のひとりが音喜多都議だったという点が影響しており、都ファ所属都議の中でも特に高い知名度を持つ人物であるだけに、小池都知事のお膝元が瓦解し始めたか、との印象を強めているようです。

音喜多都議はこれまで、ブログやSNSを通じて積極的に情報を発信する都議としても知られていただけに、都ファによるメディア露出統制方針で音喜多都議の活動が制約を受けていたのではないかと考える支持者は離党報道を一様に歓迎しており、またそれ以外の人々も「離党は正解」「間違いは正すべき」「頑張れ」といった形で評価するという受け止めが目立っています。

しかし一方では「小池のやり方に気づくのが遅すぎ」「小池ブームの中心人物と思うと応援はしたくない」「音喜多は発言が軽いから」といった形で音喜多都議への否定的な認識も見られており、特に希望の党の公認者発表に合わせたタイミングで離党報道がなされた上、自身のブログで「私自身は、以前から国政に興味関心が高い」と語っていることへの疑問も少なくありません。

小池都知事に対しノーを突きつけるという意味では多くの人が支持をしている一方で、都ファを離党した後の音喜多都議への支持が継続するかどうかは疑問、と言える状態のようです。
 

公明を除く保守系3勢力(自民、維新、希望の党)であなたが政権を担ってほしいと思うのは。

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

※画像は音喜多都議のブログより。
関連URL:【おときた駿】本日の離党報道と、「都民ファーストの会」執行部の残念な対応について

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP