171006-009renho

希望の党候補の応援に駆けつけていた蓮舫前代表が態度保留候補の元でも演説、徐々に活動活発化

LINEで送る
Pocket

 
10月4日に希望の党公認候補・本村賢太郎氏への応援演説を行ったことで沈黙を破った形だった蓮舫前代表がその後も活動を継続しているようです。

10月5日には希望の党から埼玉10区で公認を受けている坂本祐之輔氏の後援会拡大役員会で挨拶した、と蓮舫前代表の事務所がFacebookで伝えています。

希望の党の候補への応援が続いた形ですが、まだ態度を保留している候補への応援も一方では行っていることから、今後も動向への関心がおさまることはなさそうです。

これは10月6日朝の段階でも「党所属を決めていない」と報じられている青柳陽一郎氏の応援に駆けつけていたというもので、青柳氏がFacebookで報告しています。

青柳「前民進党代表の蓮舫さんが応援にかけつけてくださいました。変わらずの蓮舫節で、熱いエールを頂き、通行人の皆さまからもたくさんのお声をかけて頂きました。」

前原代表は「参議院民進党の議員は、原則として希望の党を応援するが、立憲民主党、無所属の候補者を応援することを容認する」と述べていると民進党の小川敏夫・参議院議員議長がTwitterで明らかにしています。

蓮舫前代表は活動を活発化させはじめており、10月6日には希望の党から佐賀2区で出馬する大串博志氏の応援に訪れると大串氏がTwitterで告知しています。

衆院選後、民進党の参議院議員は希望の党か立憲民主党のいずれかに所属するパターンが多いとみられますが、知名度が群を抜いて高い蓮舫前代表がどうするのか、今後も注目を集めそうです。
 

※画像は青柳陽一郎氏のFacebookより。
関連URL:Facebook 【産経ニュース】共産、5候補予定者取り下げ 神奈川5区・水戸氏は出馬見送り Twitter Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党はどうすべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP