171009-005kannaoto

「うんざり感広がっている」菅直人元首相が「日本のメルケル」期待だった小池都知事をまた批判

LINEで送る
Pocket

 
菅直人元首相が再び小池都知事を批判、今度は「うんざり感が広がっています」と語っています。

菅元首相は10月9日にブログを更新し、「安倍総理への不信感と小池氏へのうんざり感」というタイトルで森友・加計学園問題について安倍首相が党首討論で「すり替え答弁を繰り返しています」「これでは国民の不信感は払しょくされません」と批判すると、返す刀で小池氏についてもこう発言。

菅「小池氏は政権選択といいながら、総理候補もあいまいで、国民の間に「小池劇場」に対するうんざり感が広がっています。」

その後は自身が出馬する立憲民主党への応援を呼びかける内容となっていますが、つい最近まで持ち上げていた小池都知事への厳しい指摘が再び出た形で、政治姿勢が話題となりそうです。

菅元首相は「小池新党」について8月下旬、条件付きながら「民進党は小池新党と連携してもいいと考えている」と語っていた他、「希望の党」が発表された9月下旬にも「小池さんが『原発ゼロ』を掲げたことは大いに喜んでいる」「この点での政策的連携は可能だ」と期待感を示していました。

更に9月26日には「小池氏に日本のメルケルを期待」というタイトルでブログを更新するなど高く評価していましたが、民進党から希望の党への合流におけるゴタゴタで態度は一変。

10月1日に「小池氏は、小泉氏のまねをしています」などと否定的な論調に切り替わり今回の「うんざり感が広がっています」につながっている形。

菅元首相に対しては小池都知事を擁護する声も見当たらない一方で菅首相を積極的に支持するという声も乏しく、目立つのは「私はあなたにもうんざりしています」「不信感とうんざり感は菅元首相にも感じていますが」といった反応のようです。
 

関連URL:【菅直人オフィシャルブログ】安倍総理への不信感と小池氏へのうんざり感

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党はどうすべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP