171009-007komeito

公明党が公式サイトで立憲批判「行き場失った民進左派の集まり」「日本をダメにした張本人たちが結集」

LINEで送る
Pocket

 
公明党が公式サイトで立憲民主党を厳しく批判する記事を公開しています。

これは10月9日に「立憲民主党に日本は託せぬ」と題して更新された記事で、タイトルに続いて「行き場失った民進左派の集まり」、そしてこのような3つの見出しで主張を展開。

「筋は通っているか? 希望合流へ一度は平和安全法制容認。筋通したはウソ」
「政権を任せられるか? 民主党政権で日本をダメにした張本人たちが結集」
「共産党と共闘するのか? 小選挙区で候補を一本化。平和安全法制廃止で連携」

「筋は通っているか?」では立憲民主党立ち上げの経緯について「信念に基づき筋を通して新党を立ち上げた」としていた枝野代表の言葉を「真っ赤なウソ」と断じ、希望の党による平和安全法制に関する制約から「議席にしがみつくため、名を捨てただけでなく魂まで売っていたのです」。

更に「政権を任せられるか? 民主党政権で日本をダメにした張本人たちが結集」では東日本大震災当時の首相と官房長官だった菅直人氏と枝野幸男氏が揃っているとしてこのように批判、「立憲民主党に日本のかじ取りを任せるわけにはいきません」としています。

公明党「全く期待できません。そもそも立憲民主党は、何の成果も上げられなかった旧民主党の出身者ばかり。党の看板を掛け替えても、その実態は何ら変わりません。主要メンバーには、“悪夢”と言われた民主党政権時に政権の中枢を担ったものの、失政続きで日本の経済、外交をボロボロにした首相、大臣経験者がズラリと並んでいます。」

また「共産党と共闘するのか?」では「平和安全法制に『違憲だ!』『廃止しろ!』と叫ぶだけで、どのようにして国民の生命と財産を守ることができるのでしょうか」と疑問を呈しています。

公明党は街頭演説でも山口代表が立憲民主党に対し「一見民主党」などと揶揄したと伝えられていますが、公式サイトでの手厳しい批判は注目を集めそうです。
 

関連URL:【公明党】立憲民主党に日本は託せぬ

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党は政党交付金を返納すべきだと思いますか?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP