171010-004renho

蓮舫前代表が衆院選への出馬否定し希望・立憲・無所属それぞれの候補応援していく姿勢示す

LINEで送る
Pocket

 
参議院議員の民進党・蓮舫前代表が10月10日、SNSを更新し「今回の衆議院議員への挑戦をしません」と囁かれていたくら替え出馬を明確に否定しています。

蓮舫前代表は10月10日の朝、衆院選公示を受けて「私、蓮舫は今回の衆議院議員への挑戦をしません」と宣言、その理由について「民進党の参議院議員としてやるべきことがあると思うからです」と語っています。

そして「今回の選挙は志を同じくする、信頼できる仲間を応援します」と述べ、希望の党、立憲民主党、無所属と分かれた陣営に関わり無く「日本を創るために共に手を取りたい仲間」を応援していくとの認識を示しています。

興味深いのはその後、無所属候補について「退路を断ち、小選挙区だけで挑戦する大切な仲間たち」、また立憲民主党候補について「枝野幸男代表率いる『立憲民主党』の(中略)政策を共有してきた、これからも共有したい仲間たち」としている一方で、希望の党からの候補者については「『希望の党』ではあるものの、今なお志を共にする大事な仲間たち」と言い回しに微妙な違いが見られる点です。

「党ではなく、国民がこの候補ならと納得してもらえる人を支援し、共に政策を訴えます」と説明している蓮舫前代表は、自身が今後どのようなスタンスで政治に臨んでいくのかについてそれぞれの陣営候補を応援することによって明かしていない形ですが、「希望の党ではあるものの」と多少の距離を感じさせる表現は何かを示唆しているのでしょうか。
 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党は政党交付金を返納すべきだと思いますか?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP