171016-001wakasa

希望の党の失速を象徴か、若狭勝候補が「落選」に言及して支持呼びかけ「1票というお力をどうか」

LINEで送る
Pocket

 
苦戦を報じられている希望の党・若狭勝候補がFacebookで「私の落選を予想するマスコミがいます」と語り、支持を呼びかけています。

若狭候補は10月15日に小池都知事が応援に来てくれた、と語るとともに苦戦を伝えるメディア報道を挙げて「国政でやり残していることが沢山あります」「皆様一人一人の1票というお力を」と支持を呼びかけ。

若狭「私の落選を予想するマスコミがいます。私には国政でやり残していることが沢山あります。皆さま一人一人の1票というお力をどうかお与えくださいませ。」

若狭候補に関しては10月14日に日刊ゲンダイが「若狭氏まさかの落選ピンチ」、また10月15日にも朝日新聞が「若狭氏、先行許す」としてそれぞれ苦戦を報じていました。

出馬している東京10区がもともと小池都知事の選挙区であり、これを若狭候補が引き継いだ形であったこと、また若狭候補自身が小池都知事の腹心と見られてるだけに、それでも苦しい戦いを強いられる現状は希望の党の失速を象徴しているとして注目を集めそうです。
 

※画像は若狭候補の公式サイトより。
関連URL:Facebook

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

足立康史議員の一連の発言の中で、撤回すべきだと思うのはどれですか(複数回答)。

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP