171016-007koike

保守からもリベラルからも中道からも支持失い、必然だった希望の党と小池都知事の劣勢

LINEで送る
Pocket

 
国内世論をざっくりと「保守」「リベラル」「中間」に分類して希望の党が支持を失った必然性を考えてみよう。

自民党、民進党そして共産党、と主要政党の支持層はこれまで「保守=自民」「リベラル=共産・民進」そして「中間=民進」という棲み分けだった。しかし、反安倍に舵を切りすぎた民進党に対しては反日のイメージが定着するとともにこれがリベラルからの支持を強めていったことは否めない。

前原誠司が代表に選ばれたことを見ても民進党内における中道保守勢力の数は少なくなかったと言えるが、反安倍を掲げてきたリバウンドによる影響もあり、党内で保守的な思想を持つ議員は長島昭久、細野豪志など次々と離党していった。

こうした中、小池百合子都知事が新党の立ち上げを表明するに至ったわけだが、当初若狭・細野による協議の段階においては今回の衆院選でこれだけの注目を集め野党再編のトリガーになるとは到底考えられていなかった。だが、小池都知事本人がリセットという発言とともに新党で中心的な役割を果たすと宣言するに及んで、状況は一変する。

とは言え、それ以降戦略は迷走、次々と支持層を失っているのは報道の通りである。小池都知事はどこで道を誤ってしまったのだろうか。

希望の党の姿がまだ見えていない段階では、自民党より右寄りである可能性が囁かれ一時的に保守層の間で期待感が高まったと同時に、自民党が議席を大きく減らす恐れと相まって一気に政権交代が実現するのではないかとも思わせたが、一方でこの段階において希望の党はリベラルからの支持は絶望的となった。

しかし、保守からの支持も長続きはしなかった。民進党からの大量合流によって今度は保守層からの賛同が激減することになってしまったためである。如何に協定書を結ぼうと、「あの」民進党出身者が過半を占める政党において保守層の期待に沿う政策が提言される見込みは少ない、と見做されたためだ。

この段階で希望の党が旧来の保守とリベラルそれぞれからの支持を得られる見込みはなくなった。残るのはこれまで民進党を支持していた層の中で比較的保守的な傾向を持つ人々からの応援だったが、残念ながらこれも小池都知事の「排除致します」発言で霧消してしまう。

自分達が支持してきた民進党内保守勢力に踏み絵を踏ませるが如き対応など到底容認されなかったためだ。ここに至って小池都知事は全ての勢力からそっぽを向かれ、今回の衆院選での政権交代など到底考えられない状況に追い込まれてしまったのだ。

その後の経過は知っての通りである。保守は自民党に回帰しリベラルは立憲民主党へ流れていった。残る中道保守が自民と希望で割れるという展開なのだろう。

今回の衆院選においては民進党という野党の中核が分裂したことによって自公が堅実な勝利を得る様相である一方、リベラルは立憲民主党でこれまでよりも強固な支持を獲得、今後の勢力拡大も予想される。しかし、希望の党を支える勢力はどこにもいない。

希望の党の出現は民進党という中途半端な存在を二分し保守とリベラルというわかりやすい形で政界の棲み分けを実現させたという功績こそあれ、肝心の自分達の居場所がなくなってしまうという間抜けなオチで終わることになりそうだ。

小池代表の存在でリベラルを敵に回し民進党議員の大量合流で保守からも見放され、「排除」発言で民進党中道保守支持層まで失ってしまった小池都知事は結局、何も見えていなかった。ムードで勝利できた都知事選・都議選で築いた砂上の楼閣が崩れてしまったのである。

小池都知事は風を読むのがうまいという。だが、風で進む船は所詮、風向き次第である上に風が止んでしまえば止まってしまう。我々はそれよりもしっかりと自分の力で求める方向に進んでいくことの出来る力を持った船に乗るべきということなのだろう。
 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

足立康史議員の一連の発言の中で、撤回すべきだと思うのはどれですか(複数回答)。

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP